DL69 Tokyo/Narita-Taipei/Taoyuan【Premium Economy】Mar/2017

DL6901
機材変更となり、なんと今年2017年内で退役とアナウンスされているB747-400が搭乗機でした
このB747-400(N670US)は1990年に飛び始めた、旧ノースウェストの機体です  
B767-300ERからの変更でした
これにより、かなりの遅延となりましたが、まさかデルタのジャンボに乗れるとは思っていませんでした
しかも、間もなく2017年5月24日台北発を最後に運休となる東京(成田)−台北(桃園)線で乗れたので、なおさらビックリでした

DL6902
最初にアナウンスされていた時刻変更は17:05→19:00と2時間ほどの遅れでしたので、デルタスカイクラブでゆっくり過ごしました

DL6903
ついつい甘いものを…

DL6904
ラウンジ内から搭乗機のジャンボが見える席で過ごしました

DL6905
搭乗時刻が近づいたので搭乗ゲートに降りましたが、大幅な遅延ということでミネラルウォーターとカップヌードルが配布されていました

DL6906
ミネラルウォーターだけゲット

DL6907
当初はB767-300ERでの満席運航の予定だったため、プレミアムエコノミーのDelta Comfort+も満席
ゴールドメダリオンなので、Delta Comfort+へのアップグレードのウェイティングリストに名前を載せていましたが、普通にエコノミーの席番のチケットを渡されていました
しかし、優先搭乗時のゲートで、レシートのような紙で新たな席番が出てきて、Delta Comfort+にアップグレードされました
まぁ大型の機材に変更になったので、当然ちゃ当然のような気がします
窓側の3列の窓側、真ん中に人がいなかったので、快適でした

DL6908
ジャンボならではのアッパーデッキへの階段も見えます

DL6910
離陸機の混雑ということで、なかなかゲートを離れられませんでした
しかし、やっとこさゲートを離れたところで、さらなるトラブル発生!!!

「点検が必要な箇所が発生したため、当機はゲートに戻り、エンジニアによる点検を行います」
とのアナウンスが…

しかし、しばらくして動き始め、結局滑走路へ

キャプテンから
「Ready for take off」とのアナウンスがあり、
それに続き、中国語、日本語で
「点検が必要な箇所が修復されましたので離陸します」

大丈夫かー!? と思いましたが、そのまま無事に離陸しました

DL6911
水平飛行に入ると機内食
チキンパスタとのことでしたが、パスタというよりニョッキな感じでした
味はまぁまぁでした

自身3度目の「君の名は。」を見終わると、台湾島に差し掛かるところでした
飛ぶ前に不安になったことさえも忘れて、そのまま何事もなかったかのように着陸

けっこう遅れたものの、最後にデルタのジャンボに乗ることができ満足でした
台北線の搭乗は、今回の往復で最後になってしまうのが残念ですが、
最後にデルタ航空からプレゼントを頂いたような気がします
ありがとうございました〜

デルタ航空/Delta Air Lines
DL69
B747-400(N670US)

NRT 東京(成田)/Tokyo(Narita) 17:05(19:52)

→ TPE 台北(桃園)/Taipei(Taoyuan) 20:35(22:17)

Duration 4h30m(3h24m)
Economy(X)→Premium Economy(WU) 1,112miles
※デルタ航空 Delta Skymilesに加算
Base miles:695miles
Bonus miles:417miles
DL6912

このフライトの復路については↓

このフライトの航空券購入については↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする