デルタ航空/Delta Air lines いよいよ成田空港から撤退してしまうか!?

2020年夏ダイヤから羽田空港の国際線の発着が大幅増、アメリカ行きも増えます

2020年の夏ダイヤから、羽田空港の発着枠が増えますが、その中のアメリカの航空会社が運行するアメリカ行き12便の配分の暫定版がアメリカ運輸省より発表されました

暫定とは言っても、おそらくこれでいくのでしょうが、デルタ航空が最大の発着枠を獲得する模様です

デルタ航空:5
ユナイテッド航空:4
アメリカン航空:2
ハワイアン航空:1

ちなみに日系も同様に発着枠が増えますので、ANAと同じスターアライアンスのユナイテッドよりも、JALと同じワンワールドのアメリカンよりも日系航空会社と提携のないデルタを優先させている感じですね

ユナイテッドとアメリカンについては、もともと日本に就航しているフライトの数からしたらユナイテッドの方が多くて当然という感じでしょうか

デルタ航空の5便は、現在成田に就航しているアメリカ行きからの移行、成田完全撤退だろうな…

デルタ航空の5便の内訳は、

東京(羽田)−シアトル、デトロイト、アトランタ、ポートランド、ホノルル

となり、ホノルルを2便申請していたのが1便になったほかはデルタ航空に満額回答という感じ

しかし、これは現在デルタ航空が成田空港から直行便を飛ばしている都市と、一致していますので、2020年夏ダイヤから成田空港から撤退し、羽田空港に丸ごと移転してしまう可能性が高いです

現在デルタ航空は、かつてのノースウェスト航空から引き継いだ、成田発アジア圏への以遠権路線を2つ残しています

東京(成田)−マニラ、シンガポール

アメリカ大陸への直行便がなくなって、アジア圏への以遠権路線が2本だけ成田に残るとは思えないので、これも消滅でしょう

最近、今までの成田からソウル(仁川)へアジア圏のハブのシフトが進んでいますので、アメリカ大陸からアジア圏へのルートは、これで完全にそっちになりますね

羽田空港発着となると日本が終着点となるだけに、こんなにたくさんのアメリカからの直行便が必要なのかな?というのも少々気になります

東京だけしか盛り上がらない東京五輪が2020年に終わってしまったあとの日本のインバウンド需要はどうなっていくのかな?

個人的には、…

デルタ航空を贔屓にしてきた当ブログでは、デルタ航空についてフォーカスを当てて2020年の羽田空港国際線発着枠増加の件について記事にしました

デルタ航空が成田空港から完全撤退となると、残念ですね

しかし、デルタ航空からしたら、今まで成田(第1ターミナル北)にアジアのハブ機能を置いて投資してきたが、迷走する日本の航空行政に振り回されてきたので、ここで羽田の発着枠を多く要求するのは企業としたら当然のことだと思いますし、実際多く得られるというのは良かったんだと思います

個人的には、成田空港の方が「海外に行くぞ」という気持ちが高まって好きなんですよね

申し訳ないけど、羽田空港ではそういう高揚感が得られないし、なんか狭かったりごちゃごちゃしていて余裕がない感じが、何度利用しても好きになれませんね

とは言っても、2020年はすぐにやってきてしまいます

また、現在デルタ航空のアメックスゴールドカードを保持しており、自動付帯でゴールドメダリオンのステータスとなっていますが、これがいよいよ今年2019年末で切れます

今年中にどこかのタイミングで、今のデルタに乗っておこうと思いました

最後までお読みくださった皆様へ
コメントなどいただけましたら、管理人のやる気が出ます
よろしくどうぞ↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする