Flight Plan of 2019

今年2019年のフライト計画

今年2019年のフライトについて、まだ2019年が始まったばかりですが、頭の整理を兼ねて現時点での計画をゆるーく書き記しておきます

スターアライアンスゴールド資格を生かして

昨年2018年に、旅行ついでにスターアライアンスゴールドステータス(ANAプラチナステータス)を取得したこともあり、今年2019年はその恩恵を受けつつ旅に出たいと思っています

ANAにさほど愛着があるわけではなく、むしろ好きなスターアライアンス所属の航空会社のフライトで、特典が享受できることが嬉しいです

BR、SQ、TG、TK、SKあたりが個人的に好きですね

デルタ航空AMEXゴールドカードの改変

また今年は、年会費は高いものの大変コスパがよく、マスト維持ととらえていたデルタ航空のAMEXゴールドカードの特典に改変があります

デルタゴールドメダリオンステータス(スカイチームエリートプラス)の自動付帯が無くなる(私の場合、入会のタイミングにより期限は2019年12月末)ことから、残りのエリートプラスの恩恵を享受すべく、週末の近距離(東アジア路線)など使って、ふらっと出かけたいなと思います

あえて記事にしてきませんでしたが、スカイチーム・ゴールドメダリオンステータスによってあちらこちらで相当量の優遇を受けてきただけに、非常に残念でなりません

昨今のデルタ航空の日本パッシング的なものは日本の航空行政に「これだけ振り回されたら仕方ないね」と思えるくらい振り回された結果だと思いますので、致し方ないのかなと

散々日本の空港(主に成田)に投資してきたのに、羽田の国際化だとか、発着枠が少ないとか、そりゃ嫌になるわなという感じ

当然日本での顧客獲得維持を目的としたクレジットカードによる優遇は、まず整理対象ですな…

年末年始、GW、お盆休みに渡欧

昨年末から始めたヨーロッパ発券を駆使しての渡欧ですが、長くなるGW、そしてお盆休みまでは既に確定しています

繁忙期の通常のエコノミークラスの航空券代より安く、しかもプレエコを交えたりという感じでやっています

その後も続けるかどうかは悩みどころでしたが、お盆休みの帰国で一旦締めようと思います

昨年6月末に突然発生したIberia Plusの90,000Avios祭りにより得たAviosを使って特典航空券を発券した、お盆休みのマドリー→東京のイベリア航空ビジネスクラスで帰国予定です

ヨーロッパ以外にもたくさん行きたい場所がありますからね

渡欧した際は、久しぶりの欧州サッカーの現地観戦、念願のバスク食い倒れなど、楽しめたらと思います

業務出張は、フランス、アメリカか

業務出張は、現時点で決まっているものが、フランスとアメリカ各1回

ということで、過去に経験がないほど渡欧回数が多くなりそうです

この他にも業務出張は増える可能性がありますね

会社で準備される航空券は、なんとかの一つ覚えのようにJLという思考停止状態なので個人的には全く好かんですが、所詮は雇われ人

こればかりは仕方ありませんね…

マイルを使った特典航空券は?

短距離に強いBritish Airways “Executive Club”、東南アジア方面に強いAegean Airlines “Miles + Bonus”、年々必要マイル数が増加していくため早めに消費しておきたいDelta “Sky Miles”などを使って、恒例となってきている東南アジア方面の友人知人訪問を今年も行う予定です

これらは秋とかの連休+有給なんかで行ければと

昨年ANAに搭乗することが増え、貯まってきたANA “Mileage Club”のマイルは、もうしばらく貯め続けて、来年以降に日本から北米かヨーロッパの長距離フライトの特典航空券を発券して消費しようと考えています

まとめ

今年2019年は、昨年ANAプラチナステータス(スターアライアンスゴールドステータス)を取得したこともあり、フライトをスターアライアンス加盟航空会社にまとめればいいのですが、デルタAMEXゴールドカードによるゴールドメダリオン(スカイチームエリートプラス)の有効期限が切れるまでに、スカイチーム加盟航空会社のフライトも楽しめたらという感じです

ということで、今年も搭乗航空会社はバリエーションに富んだものになるでしょう

フライト回数は、昨年の48回よりは少なくなるかなという感じですが、まだ年の初めですので、どうなることやら

※昨年2018年のフライトの振り返りは↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする