ジャカルタ RAIL LINK #2 スカルノハッタ国際空港駅〜スカイトレイン〜

インドネシアの首都ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港からジャカルタ市街までの新しいアクセス手段、レールリンクについての記事

第2回目は、スカルノハッタ国際空港でのレールリンクの駅までの移動について

レールリンクの概要については↓

空港のターミナルから、スカイトレインでレールリンクの駅へ

スカルノハッタ国際空港で、各旅客ターミナルからレールリンクの駅までは、写真のような新交通ゆりかもめみたいな車両が走っており、無人で動きそうですが、私が乗ったときは有人運行でした

だいたい4時半~0時まで1時間に4本くらいの運行

駅間距離がそこそこあって、かつ速度がゆっくりのため、駅間の所要時間は4分〜5分かかりますので、余裕を持った乗車を

※写真はターミナル2駅とスカイトレイン

以前ターミナル2に併設のトランジットホテルに泊まったときに見えたので撮影したもの

トランジットホテルについても記事にしようと思っていて、未着手…

主な国際線フライトで到着する第3ターミナルでは、写真のようなわかりやすい案内が出ていますので、それに従い一旦外に出て目の前にあるスカイトレインの第3ターミナル駅に向かいます

写真は到着ゲートからイミグレーションまで向かう通路での表示ですが、この46分という数字はジャカルタ市街までのレールリンクの乗車時間なのかな?

無料ですので改札もなく、ホームから乗車し、空港鉄道駅(Airport Railway Station駅)で降車し地上に降りるとレールリンクの駅に接続できます

が、しかし注意点がいくつかありますので、忘れずに続きをお読みください

前に記事にしたアートな消火器がここにも!

第2ターミナル駅で乗換の必要あり、第1ターミナルと第2ターミナルでは連絡通路が工事中

私が利用した2018年11月には、全列車が第2ターミナルで反対ホームに入ってくる車両に乗換が必要でした

第3ターミナル-第2ターミナル

第2ターミナル-空港鉄道駅-第1ターミナル

という2系統に分けて運行しているようでした

また、第2ターミナルと第1ターミナルでは、第3ターミナルのような連絡通路が工事中で未完成のため、一旦外に出て送迎の車両などが通る場所を横断する必要がありました

国内線で到着した際など、第3ターミナル以外を利用しレールリンクに乗る場合は注意が必要です

空港鉄道駅でレールリンクに接続

写真が空港鉄道駅(Airport Railway Station)で、ここに到着し地上に降りると、ジャカルタ市内に向かうレールリンクの駅に到着します

前述の第2ターミナル駅での乗換もあり、スカイトレインの第3ターミナル駅での乗車から、レールリンクの改札までは15分くらいかかったと思います

レールリンクに乗るまでが面倒ではありますので、荷物があったりすると大変かもしれません

まとめ

ジャカルタ市街とスカルノハッタ国際空港を結ぶレールリンクが開業しましたが、スカルノハッタ国際空港ではターミナルと駅の間が離れており、スカイトレインでアクセスしますが時間がかかります

「最初からタクシーでドアtoドアでの移動のほうが楽」という感じですので、レールリンクが空いている一因だと思いました

しかし、ジャカルタ特有の渋滞にハマるととんでもなく時間がかかりますので、個人的にはブルーバードタクシー一択ではなくなったものの、判断は難しいところだと思います

http://solo-traveler-mo.net/wp/2019/01/20/post-5059/

http://solo-traveler-mo.net/wp/2019/01/27/post-5107/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする