KE1 Seoul/Incheon-Tokyo/Narita Jan/2018

th_IMG_3318
搭乗機は、往路と同じA330-300ですが、このA330-300(HL7550)は、なんと1997年3月登録の古参の機材

th_IMG_3286
話は変わりますが、大韓民国では入国時のスタンプを止めたようで、香港などのように控えの紙を渡される式になっていました

まだ開業数日後の仁川国際空港・第2ターミナルからの出発でした↓

ラウンジも新しかったです
Delta Gold Medallionで入れる、大韓航空プレステージクラスラウンジを利用↓

th_IMG_3315
搭乗ゲートは、出国審査場から近い248
ゲートの左側に窓がありませんので、搭乗する機体がよく見えませんね

th_IMG_3320
機材は古いですが、シートはそこまで古くありませんでした

th_IMG_3321
シートピッチも近距離、中距離ぐらいまでなら十分な感じ

th_IMG_3322
モニター周りは往路のA330-300よりは古いですが、USBの端子もあるし、悪くないです

th_IMG_3325
しかし、頭上を見るとやはり古めかしい内装

このKE1便はソウル・仁川国際空港発、東京・成田国際空港経由、ホノルル行きということですが、
隣に座ったおばちゃんが寝ていたんですが、機内放送の「ホノルル行き」というワードに反応して飛び起きて、「成田行きじゃないんですか?」と少し騒いでました
あれだけゲートにホノルルって書いてあったのに、乗る前に気付かないのかな…?

th_IMG_3326
まだピカピカの第2ターミナルを出発
管制塔もピカピカ
たしか、デルタ航空のデトロイト行きA350-900など見れました

th_IMG_3329
まだ日が短く、離陸するとすでに暗い時間帯でした

th_IMG_3330
帰りも、いたって普通な機内食
やはりビビンバじゃないのね!

写真はありませんが、成田空港のB滑走路に着陸
それにしても成田空港のタキシングが延々と長すぎて、予定していたスカイライナーにギリギリ飛び乗った感じでした
最近は、A滑走路は離陸、B滑走路は着陸(大型機などは除く)という分け方を以前よりも厳格に適用しているらしく、大韓航空の到着する第1ターミナル北ウィングの遠いこと遠いこと
発着ターミナルによって、臨機応変に運用してくれてもいいと思いますが

ホノルルまで行く乗客も含めて、すべての荷物を持って降機しました

大韓航空/Korean Air

KE1 Economy(N)

ICN ソウル(仁川)/Seoul(Incheon) 17:20(17:47)

→ NRT 東京(成田)/Tokyo(Narita) 19:40(19:29)

Duration 2h20m(1h42m)

Aircraft A330-300(HL7550)
※Korean Air SKYPASS:531miles
KE1 20180121 R

往路↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする