桃園国際空港・滑走路の北東端②

th_B-16411
EVA AIR/エバー航空 B747-400(B-16411)
まもなくこの夏に、早ければ7月中旬にも退役となってしまうエバー航空のジャンボ(旅客機)の最後の勇姿です
バンコクからの到着でした
他に、バンクーバー線、上海線などでも最後の活躍をしているようです

※追記
2017年8月21日のBR892便、香港からのフライトがファイナルとなります

th_B-16481
EVA AIR/エバー航空 B747-400F(B-16481)
同じくエバー航空のジャンボ(貨物機)
こちらは今後も飛び続けます

この後の記事でも載せていきますが、ほんの2時間弱のあいだで、
BR(エバー航空)のB747-400が1機、B747-400Fが1機
CI(チャイナエアライン/中華航空)のB747-400が1機、B747-400Fが2機
NCA(日本貨物航空)のB747-400Fが1機
UPSのB747-400Fが1機
と、いわゆるジャンボが7機も飛んでくるような、ジャンボ祭りでした
BRとCIのジャンボ(旅客機)はまもなく退役となってしまうので、まさに「今だけ」という写真が撮れました

この撮影場所を紹介してもらった記事は↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. feel so fine より:

    こんにちは。

    ジャンボ祭りいいですね。ANAジャンボの退役で羽田でジャンボを見ることもほとんどなくなりすでに久しいですが、同じ時期に成田で撮影するとUAやDL、フレイター等まだまだジャンボが旺盛なんだなと嬉しくなったのももう数年前ですね。なんなんですかね、私はA380を見てもそこまでワクワクしないんですが、ジャンボを見ると子供みたいにワクワクするんですよ。

    私は専ら航空写真といっても浮島か城南島くらいなので、今度台北行ったときは是非撮ってみたいです。知り合いのマニアの方なんですが、確か暮の時期だったと思いますが、穴守稲荷か天空橋付近から望遠単焦点にテレコンかませて飛行機が満月の中に入る瞬間を取るのにハマってる方がいまして、GPSやら月の軌道を綿密に調べながら撮ってる方がいまして、筋金入りすぎだろみたいな。34R出発と月がかぶさる瞬間らしいので、やはり暮でないとダメらしいです。

    言うのを忘れてました。先日紹介されてた行天宮の喜多士早餐店、2月に友達と行ってきました。本当に空いていて穴場でよかったです。台北の早餐店って有名どころはどこも行列なイメージだったので、おいしく豆漿が食べれました。

    • Mas より:

      feel so fineさん

      喜多士早餐店、行かれましたか。
      あそこはローカルばかりで、日本人もあまり見たことがないので、いい感じです。
      善導寺の阜杭豆漿とか、ものすごく混んでいるところにも行ってみたいんですが、敬遠してしまってます。
      次回は!と言いながらそこまで早起きできないんですよね…

      航空機の写真撮られるのですね!