桃園国際空港・滑走路の北東端③

引き続き、ジャンボ祭り

th_B-18210
China Airlines/中華航空 B747-400(B-18210)
先回の記事に載せたBR(エバー航空)につづいて、CI(チャイナエアライン/中華航空)のジャンボ(旅客機)ももうじき見られなくなってしまいますね
東京(成田)線では、この夏が最後となっています

今回の台北行きでは、往復ともにCIのB7447-400に搭乗することができました
※写真のB-18210とは違う機体ですが

th_B-18709
China Airlines/中華航空 B747-400F(B-18709)

th_B-18720
China Airlines/中華航空 B747-400F(B-18720)
同じCIのジャンボ(貨物機)も短時間に2本到着

やはりジャンボ機は迫力がありますね
もうじき、見れるのは貨物機ばかりになっちゃいそうです
個人的には4発機が好きなので、B747-400同様に、A340もどんどん減っていて寂しい限りです

この前後の記事でも載せていきますが、ほんの2時間弱のあいだで、
BR(エバー航空)のB747-400が1機、B747-400Fが1機
CI(チャイナエアライン/中華航空)のB747-400が1機、B747-400Fが2機
NCA(日本貨物航空)のB747-400Fが1機
UPSのB747-400Fが1機
と、いわゆるジャンボが7機も飛んでくるような、ジャンボ祭りでした
BRとCIのジャンボ(旅客機)はまもなく退役となってしまうので、まさに「今だけ」という写真が撮れました

この撮影場所を紹介してもらった記事は↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする