CI100 Taipei/Taoyuan-Tokyo/Narita【Business】Jun/2017

CI100_01
往路につづいてチャイナエアラインで帰国
機材も往路と同じく引退も近いB747-400

このB747-400(B-18215)は、2005年4月から飛んでいるようです
後述しますが、往路の機材よりもシートが古かったです
往路のB-18208の方が昔から飛んでいるようですが、シートは新しかったので、改装済なのでしょう

往路の様子はこちら↓

CI100_02
桃園国際空港ではターミナル2でチェックイン
始発の6時の1本後の桃園MRTのExpress(6:15発)で台北車站から空港まで来ました
チャイナエアラインのホームなので、私のような他社の上級会員と、チャイナエアラインの最上級・パラゴン会員のカウンターとが明確に分けられています
さほど待つこと無くチェックイン

搭乗ゲートに行く途中ということで、デルタ航空を利用していた際にも案内されていたD4ゲートのあたりのラウンジを案内されましたが、
ゲート自体はターミナル1側だったので、少し足をのばしてターミナル1のチャイナエアライン・ラウンジに行って朝食をとりました
広いため人もたくさんでしたが、シックな感じのラウンジでなかなかよかったです

ターミナル1のチャイナエアライン・ラウンジの様子はこちら↓

CI100_03
搭乗ゲートはA9

CI100_04
往路と同じくアッパーデッキのBusiness Classのシートが開放されており指定していたため、上がります
もちろん、席だけBusiness

CI100_06
アッパーデッキ

CI100_05
シートは行きのものよりも古かったですね
赤い皮の座席で、いい感じにヘタってましたので、座り心地は悪くなかったです

CI100_07
前席の後ろにはシートモニターはありませんでした

CI100_08
左右のシートの間には電源のソケットもあります

CI100_09
CI100_10
CI100_11
この電話機みたいなコントローラーは初めて見たかも
やや反応悪かったです

CI100_12
CI100_13
行きも同じのがありましたが、B747-400の安全のしおり

CI100_14
降り出した雨の中、滑走路端へ向かいます
滑走路の脇には、運行停止となって久しい復興航空やV-Airの機材が置かれてましたが、窓ガラスの水滴にピントが合ってしまい…

CI100_15
離陸すると、当たり前ですが雨雲の上は快晴です
東シナ海の上空で、結構迂回して飛んでました
気流が悪かったようで結構揺れて、揺れが収まってから機内食がサーブされました

CI100_16
機内食はEconomy
チキンorポークの2択で、チキンを選択
チキンカレーパスタのようなメインでした
見たまんまでしたが、味は悪くなかったです

CI100_17
シートモニターはこんな感じで、隣の席との間から引っ張り出すやつでした
機内エンターテイメントは古かったです

機内食もおわったところで、往路と同じように、黒服の偉い方(キャビンクルーのトップのマダム)が挨拶に来てくださいました
しかも、なんと往路と同じマダムで、ビックリ
私の名字を見て、2日前に乗っていたことを思い出されたようでした
台北滞在を楽しんだ話など、お話させていただきました

成田に到着し、件のマダムから
また機内でお会いしましょう!とお見送りをされて降機
もちろん、また乗りたいと思いますよ

チャイナエアラインは他社の上級会員にも優しいですね
こういうのはポイント高いです

中華航空/China Airlines
CI100
B747-400(B-18215)
TPE 台北(桃園)/Taipei(Taoyuan) 8:55(9:23)
→ NRT 東京(成田)/Tokyo(Narita) 13:15(13:00)
Duration 3h20m(2h36m)
Economy(H) 335miles
※デルタ航空 Delta Skymilesに加算
CI100_Map

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. feel so fine より:

    こんにちは。

    CIのアテンダントさんはなかなか良さそうですね。私はまだJLとNHとDLしか乗ったことがありませんが、日系航空会社の対応が過剰すぎたのかと思うほどのデルタのテキトー(?)な対応に最初はびっくりしましたが、今ではすっかり慣れてしまいました。かえって気を使ってもらわなくてこっちも気が楽でいいわ、みたいな。

    デルタの成田縮小は本当に残念ですね。成田のサテライト1のラウンジも5月で閉鎖されたので、さらにそれが加速してるのかなと寂しい感があります。今週そのデルタに乗って上海に行ってきます。インターコンチネンタルのウィークエンド無料宿泊の有効期限が切れそうなので、消費してきます。

  2. Mas より:

    日系のコテコテな対応は私は苦手です。お客のこっちが余計な気を使ってしまう気がします。
    米系は運よく上手く絡めると、フレンドリーかつほどよい距離感で快適ですが、当たりハズレもあります。
    で、CIは結構バランスがいい感じがします。同じ台湾のBR(エバー)もそうなんですが、日系のいいところを取り入れていると思いますが、ベタベタ過ぎない距離感な感じで、私は好きです。あと、女性のCAさんたちに、きれいな方が多いですね。
    デルタの上海線、いいですね〜 フライトも、ホテル滞在も楽しんできてください!