台北でiPhone SEを購入してみた ②

より続く

※当記事の情報は、すべて6月中旬の某日曜日の時点での情報です

iPhone SEを探しに、
台北101のB1フロアにある、Studio Aに行きました
ここ台北101の他にも、たくさんの店舗があるAppleのプレミアムリセラーの一つです
市内では、大安區、信義區に店舗が固まっている印象です

20140724182339Q8A3K00N
※写真は台北101のWebsiteより拝借しています
店舗内には、iPhone SEの実機が全色置いてありました
64GBの値段は、事前にWebで調べていった通りの19,500NT

店員のお姉さんに確認したのは、
・64GBの在庫状況
・免税対象になるか
の2点でした

しばらく待つと、
・64GBの在庫はゴールドのみ、ちなみに16GBは全色あり
・もちろん免税対象
(事前に調べていた、空港での還付金受け取りではなく、台北101で受取可能だとのこと)
との回答をもらえました
※すべて6月中旬の某日曜日現在の情報です

TRS(外国籍旅客に向けた税金還付制度)についてはこちらのサイトを事前に見ていました
http://go-taiwan.net/index.php/shopping/64-trs.html

確か5%が還付されるはず
ということは、19,500NTのうち975NTは還付対象だということですね
つまり19,500NT-975NT=18,525NT

その場でWebで調べた当日のレートによると、1NT=3.217JPY
このレートでいくと、60,000JPYを切るくらい
日本でSIM FreeのiPhone SE 64GBを購入した場合だと、64,584JPY(税込)
クレジットカードで買おうと思っていました
レートにもよりますが、よほどの悪レートでない限り、ここで購入したほうが安いことがわかりましたので、購入を決断
ゴールドが、意外と悪く無い色だと思ったのもありました
シルバーのiPhone 5Sを使っていたので、シルバー以外にはしようと思っていましたので

パスポートを提示し、今回の台湾滞在時に使用しないことを確認されると、
「中身を確認する」とのこと

出国時に空港でチェックされるから、開封しちゃダメなんじゃね???
と思いましたが、
「何を気にしているんだ、大丈夫だから安心して」と言われ、
外装フィルムをカッターで切られて、箱を開けられたのが先でした
中身、電源がきちんと入るかを確認し、終了
でも、箱を戻しても外装フィルムは切ったままなのでやや心配でした
しかし、店員さんは「大丈夫、大丈夫だ」と言います

結局Amexで購入したのですが、
普通に使えました
免税店なので、JCB、VISA、Masterなどは使えるでしょう
店員さんはAmexを”AE Card”と呼んでいました

手続き、還付金については、
③に続く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする