JL321 HND-FUK【Class J】DEC/2020

JL321 Tokyo(Haneda)-FukuokaClass JDec/2020

2020-21の年末年始は親戚などを訪ねて、まずは九州方面に向かいました

往路は、JALのセールで購入した航空券で、一般的な年末年始帰省ラッシュのピーク日の JL321 東京(羽田)→福岡 クラスJ を利用

搭乗機は、A350-900(JA07XJ)

これが自分の2020年の最後のフライトになりました

搭乗/Boarding

搭乗、9番ゲートから

満席に近かったらしくゲートは大混雑

荷物もあったのでJMBサファイア会員の優先搭乗でさっさと搭乗しました

JAL A350-900 普通席/Economy Class

この時点での、JAL最新のA350-900がこのJA07XJでした

クラスJは2-3-2列の並びです

シートは、おなじみの赤系の、RECARO製のシート

国際線のプレミアムエコノミーと同等と言っていいでしょう

直前に¥1,000円でアップグレードできれば、かなりお得だと思います

出発/Departure

隣のゲートの「うちなーの翼」に見送られて出発

機窓から/From window

C滑走路に向かいます

RW34Rからの離陸

視程も抜群ですね

離陸するとB滑走路を見ながら上昇します

右旋回するとお台場あたりがよく見えました

続いて、東京湾岸の千葉県浦安市あたりにある鼠国の領地

夢の国を標榜していますが、コロナ禍では大変なことでしょう

左旋回して西に針路を定める頃には、東京都心がよく見えました

西に進むと、富士山

逆光になりますが、年末なのに雪は少ないようでした

残念ながら、この後は雲海の上の飛行が多かったか

ドリンクサービス/Drink service

2020年12月に、まさにリニューアルしたばかりの新しいスカイタイムをいただきます

「ももとぶどう」とのことですが、個人的には好みの味です

アサヒ飲料が関わっているとのこと

機窓から/From window

続いて雲間から琵琶湖の北部あたりが見えました

降下を開始し雲を抜けると、もう福岡はすぐそこ

海の中道が見えてきました

福岡空港には北側から進入していきます

機窓は吉塚あたりでしょうか、相変わらず街の中に降りていく感じですね

福岡空港のRW16に着陸

到着/Arrival

定刻通りに、福岡空港の10番ゲートに到着

到着後は博多駅まで出て、九州新幹線で熊本方面に向かいました

まとめ/Summary

2020-21の年末年始は親戚などを訪ねて九州方面へ

往路は、JL321 東京(羽田)→福岡 クラスJ を利用、搭乗機はA350-900(JA07XJ)

一般的な年末年始帰省ラッシュのピーク日、さらに需要の大きい福岡行きということもあって、コロナ禍といえども満席に近い運航だったようです

トピックとしては、新しいスカイタイム「ももとぶどう」が自分好みな味だということが確認できました

これが自分の2020年の最後のフライトでした

翌2021年は、また年末年始を海外で過ごせれば…と願っていましたが、現実はそんな甘くはなかったですね

フライトデータ/Flight Data

JAL
JL321 クラスJ
HND 東京(羽田)/Tokyo(Haneda)
→ FUK 福岡/Fukuoka
Aircraft A350-900(JA07XJ)
Gate Departure 14:04(14:00)
Taxi Time 13m
Takeoff 14:17
Landing 15:49
Taxi Time 7m
Gate Arrival 15:56(15:55)
Duration 1h52m(1h55m)
※JAL Mileage Bank: 988mile 964FOP

この他の搭乗記はこちら↓

搭乗記/Flight Records
以下、クリックすると詳細が見れます。記事に飛びます。 新しい順、記載のないものはエコノミークラス。 上図は、過去すべての搭乗区間を表示...

※最後までお読みくださった皆様へ
コメントなどいただけましたら、管理人のやる気が出ます
よろしくどうぞ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする