JL554 AKJ-HND AUG/2020

JL554 Asahikawa-Tokyo(Haneda) Aug/2020

緊急事態宣言明け、「Go Toトラベル」も始まったので、お盆休みは北海道は利尻島へ

利尻からの帰りは、ハートランドフェリーで鴛泊から稚内に渡り一泊

その後、宗谷岬などを訪問した後、JR北海道の特急サロベツで旭川に向かい一泊

旭川空港から東京に戻りました

旭川→東京(羽田)は、JL554普通席を利用

機材は予定されていたB767-300からの機材変更で、B737-800(JA329J)

チェックイン/Check in

旭川空港へは、旭川駅からバスで向かいました

コロナ禍で航空機が減便しているため、空港アクセスのバスも減便しており、少し早めに空港に行くためにちょうどいい時間のバス(リムジンバス)が運休でした

同時刻帯の路線バスがあったため、それで行きました

リムジンバスだと40分ほどで行けるようですが、1時間くらいかけて旭川空港に到着

ささっとチェックインを済ませました

空港に早めに行ったのは、Webアンケートに答えたところ、ミニソフトクリームをが無料でもらえるクーポンがあったためでした

「ミルクスタンド・エスペリオ」(2階出発ロビー左)のミニソフト(¥300)

北海道の最後まで濃厚で美味しいソフトクリームを楽しめました

ありがとうございました

搭乗/Boarding

いろいろやっているうちにセキュリティーチェックが混んできて時間がかかり、搭乗ゲートに向かうと、搭乗が始まっていました

ちょうど後方座席の案内をしていたので、2番ゲートからそのまま搭乗

JAL B737-800 普通席/Economy class

見慣れた単通路機のSky Next仕様3-3列のシート

出発/Departure

旭川空港は風光明媚なところですが、この日は天気が今ひとつでしたね

また夏の北海道に来たいですが、インバウンドが再開してしまうと、また日本人にとって来づらい状況に戻ってしまうなと…

外国人皆無な北海道がすごく快適だったので

機窓から/From window

晴れていれば大雪山系や十勝の山々も見えますが、この日は曇り

Rw16からの離陸

離陸するとこの景色

美瑛も近いですから、同じような丘陵の景色が楽しめました

まるでヨーロッパのようですね

飛行機は高度をどんどん上げていき、雲の上に出ました

あとは本州に入るまでずっと曇り

ドリンクサービス/Drink service

海上に出るとドリンクサービスが始まりました

機窓から/From window

雲がなくなって再び外界が見えてくると、ちょうど八戸

松島のあたり

仙台市街から仙台空港のあたり

高度が下がってくると、霞ヶ浦

京葉工業地帯から羽田空港D滑走路Rw23への着陸でした

到着/Arrival 

定刻通りに23番ゲートに到着

まとめ/Summary

緊急事態宣言明け、お盆休みは北海道は利尻島へ行った帰りのフライト

稚内から旭川まで南下し旭川空港から東京に戻りました

旭川→東京(羽田)は、JL554普通席を利用

B737-800(JA329J)の普通席に搭乗しました

フライトデータ/Flight Data

JAL
JL554 普通席
AKJ 旭川/Asahikawa
→ HND 東京(羽田)/Tokyo(Haneda)
Aircraft B737-800(JA329J)
Gate Departure 13:19(13:20)
Taxi Time 10m
Takeoff 13:29
Landing 14:52
Taxi Time 9m
Gate Arrival  15:01(15:00)
Duration 1h42m(1h40m)
JL特典

最後までお読みくださった皆様へ
コメントなどいただけましたら、管理人のやる気が出ます
よろしくどうぞ↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする