NU609 OKA-ISG【Class J】JUN/2020

NU609 Okinawa(Naha)-IshigakiClass JJun/2020

緊急事態宣言が明けた後石垣島まで

直行便が(安い運賃で)取れなかったので、那覇空港で乗り継いで行きます

那覇からは、JTA/日本トランスオーシャン航空NU609Class J

搭乗機は、B737-800(JA03RK)

翌2021年に延期となった、東京五輪で採用された空手をPRする、

空手ジェット塗装の機体でした

チェックイン/Check in

このときは、東京(羽田)、大阪(伊丹)と沖縄の離島方面の一部フライト以外は、全て欠航という状況でした

搭乗/Boarding

大雨で石垣空港に着陸できない場合は、那覇空港に引き返すことがありますという条件付き運航でした

ゲート23からの搭乗

なにげに、うちなーの翼に搭乗するのは今回が初めてであります

JTA B737-800 クラスJ/Class J

JALのB737-800と同様に、クラスJは2-3列の並び

シートは同じでしょうね

琉球紅型の枕カバーが沖縄らしくてGood

出発/Departure

那覇空港も大雨でしたが、石垣空港の大雨のため時間調整ということで、少し遅れて出発

ウィングレットには、アマミノクロウサギ!

機窓から/From window

遅れても無事に飛べてなによりです

第1滑走路RW36Rから北に向けて離陸

JAL側に比べて多くの機体が駐機されているANA側を見ながら上昇していきます

那覇の街が見えたあとは、雲の中に突入

ひたすら雲の中を飛行していきます

石垣島を横断してから、南西側からの着陸でした

高度を下げると、小浜島と奥に西表島が見えました

天気が悪くて、海がいい色には見えませんね

それでも青いですが

大雨の影響で川から濁った水が海に流れ出てる感じでした…

畑の中を降下していきます

新石垣空港RW04に着陸

着陸時は、雨は上がっていました

到着/Arrival

駐機場は水たまりな感じでした

やはりかなり雨が降ったのでしょう

沖縄が空手発祥の地だということは、この日まで知りませんでした

到着後は、予約したレンタカーをピックアップし、滞在するホテルに向かいました

梅雨末期の大雨に当たってしまい、天気が良くない滞在になってしまいましたが、

店が結構閉まっていることさえ我慢すれば、観光客が少なく快適でした

まとめ/Summary

緊急事態宣言明けに石垣島まで、那覇空港乗継で向かいました

那覇から石垣までJTA/日本トランスオーシャン航空のB737-800 クラスJに搭乗しました

梅雨末期ということで、大雨で到着が危ぶまれましたが、無事に到着しました

宣言明け、しかも天候も良くないため空いていましたが、観光客も皆無という感じで、だらだら滞在するには快適な石垣島でした

フライトデータ/Flight Data

日本トランスオーシャン航空/JTA
NU609 クラスJ
OKA 沖縄(那覇)/Okinawa(Naha)
→ ISG 石垣/Ishigaki
Aircraft B737-800(JA03RK)
Gate Departure 12:24(12:15)
Taxi Time 19m
Takeoff 12:43
Landing 13:28
Taxi Time 4m
Gate Arrival 13:32(13:15)
Duration 1h8m(1h)
JAL Mileage Bank: 326mile 1,450FOP

最後までお読みくださった皆様へ
コメントなどいただけましたら、管理人のやる気が出ます
よろしくどうぞ↓↓↓