JL1 SFO-HND OCT/2019

JL1 San Francisco-Tokyo(Haneda) Oct/2019

サンフランシスコ出張の復路は、JALのトップナンバーのフライト、JL1便

JAL1便、2便サンフランシスコ線に充てています

これは、戦後最初の国際線定期便のフライトが東京-サンフランシスコ路線だったことに起因するそうです

搭乗機は、B777-300ER(JA738J)

チェックイン/Check in

国際線ターミナルでチェックイン

たしか、けっこう早く空港に着いてしまったような記憶がありますね

ラウンジ/Lounge

国際線ターミナルには、いろいろなラウンジがありますね

マブハイとかまであるのは意外です

私はプライオリティパス所有なので、プライオリティパスで入れるエールフランスKLMラウンジへ向かいました

しかし、混雑時間帯だということで、別のラウンジに案内されました

案内されたのは、中華航空/チャイナエアライン・ラウンジ

本来ここは、プライオリティパスで入れるラウンジではないはずなので、貴重ですね

このあと人が増えてきましたが、それでも満員ではなかったため快適でした

フードはあまり多くなかったですね

国際線ターミナルで見られた他社の機体/Other Airline Aircraft

エバー航空/EVA AirlinesのB777-300ER

チャイナエアラインと同じ台湾のエバー航空のフラッグシップ機ですね

西海岸は華僑が多いからか、エバーも太平洋路線が充実している印象です

ヴァージンアトランティック航空/Virgin AtlanticのB787-9 Dreamliner

日本撤退前に乗れなかったヴァージンには、いつか乗りたいですね

KLMのB747-400

今や貴重なジャンボ、同社の日本路線からは撤退済ですね

エールフランス/Air FranceのB777-300ER

エミレーツ/EmiratesのA380-800

サンフランシスコからドバイは、なかなかの長距離路線ですね

搭乗/Boarding

ゲートA7から搭乗

写真がブレちゃいましたが、シートモケットが新しくなった機材でした

赤いシートよりもこっちのがいいですね

ANAがB777-300ERのビジネスクラスにThe Roomを導入したのに対し、JALは今後控えるA350の国際線投入までは、シートモケットの変更というこのマイナーチェンジで引っ張るようですね

相変わらず、客層は日本人ばかりでつまらないです

しかもド満席

出発/Departure

大量のアラスカおじさんに見送られ、出発

ここでもアラスカおじさんに追われ、離陸

西海岸らしい、いい天気の中、離陸

サンフランシスコ国際空港は、けっこう手狭な印象です

西に旋回し、一旦太平洋上にでました

しかし進路を北にとったため、西海岸沿岸を進みます

機内食1/Inflight meal 1

おつまみが出て

夕食(の扱い?)は、けっこうボリューミーな感じ

夕食後は、太陽がどんどん逃げていき、沈んでいきます

機内食2/Inflight meal 2

日本列島が近づき、2度目の機内食

ペンネ的なものに、朝食のようなヨーグルトが付いていたりと、よくわからない感じ

ゴーアラ/Go around

羽田空港到着時に、ゴーアラウンド

もう一周して着陸でした

理由は何だったんでしょうかね?

特に説明もなく

到着/Arrival

2度めは無事に着陸でき、到着

羽田空港は、荷物が出てくるまでけっこう時間がかかりますね…

まとめ/Summary

サンフランシスコ出張の帰路はJALの1便でした

ゆったり帰れればいいんですが、エコノミーでド満席だったので、疲れましたね…

フライトデータ/Flight Data

JAL
JL1 Economy
(Q)
SFO
サンフランシスコ/San Francisco
→ HND
東京(羽田)/Tokyo(Haneda)
Aircraft B777-300ER
(JA738J)
Gate Departure 15:48(15:50)
Taxi Time 27m
Takeoff 16:15
Landing 19:10
Taxi Time 5m
Gate Arrival 19:15(19:00)
Duration 11h27m(11h10m)
JAL Mileage Bank: 1,924mile 1,539FOP
Alaska Mileage Plan: 1,935mile

最後までお読みくださった皆様へ
コメントなどいただけましたら、管理人のやる気が出ます
よろしくどうぞ↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする