BR87 TPE-CDG【Premium Economy】AUG/2019

BR87 Taipei(Taoyuan)-Paris(Charles de Gaulle)【Premium Economy】AUG/2019

2019年のお盆休みのヨーロッパ(スペイン、フランス)行き

平成が終わり令和が始まったGW10連休とかで盛り上がりましたが、それに続いてお盆休みもカレンダー的にも長い休みとなりました

これらの長い休み2回分の旅行の費用をなるべく安価に抑えるために行った、ヨーロッパ(パリ)発券エバー航空のパリ発東京行き航空券の復路を使って夏休みのヨーロッパ行きの往路分としました

その2便目(最終フライト)は、一般的なお盆休み初日の台北(桃園)−パリ(シャルル・ド・ゴール)BR87便

機材は、エバー航空のフラッグシップ機であるB777-300ER(B-16738)

プレミアムエコノミークラスへの搭乗でした

何度か、プレミアムエコノミークラスの設定のない日台間のフライトで、プレミアムエコノミークラスのシートをエコノミークラスに開放しているときにプレミアムエコノミークラスのシートに座ったことはありますが、フルサービスは今回が初めてでした

東京(成田)からBR197便で到着し、乗継に時間があったため桃園市街にマンゴーかき氷を食べに出かけていましたが、早めに戻っての搭乗でした

このフライトの前のBR197便のフライトの様子は↓

BR197 NRT-TPE AUG/2019
BR197 Tokyo(Narita)-Taipei(Taoyuan) AUG/2019 2019年のお盆休みのヨーロッパ(スペイン、...

ディレイ

23:30出発予定が遅延して、実際に出発したのは日付も変わった1時前でした

パリに着いた後、時間に余裕は持たせていましたが、モンパルナス駅から昼前のTGVに乗る予定があったので、ヒヤヒヤしながらの出発でした

エバー航空のラウンジ”STAR”にいましたので、時刻がどんどん繰り下がっていくのを見ながら、不安が募りました

フライトは北回り?南回り?/Northbound? Southbound?

台北(桃園)からパリ(シャルル・ド・ゴール)までのフライトは、以下のような長い長い南回りのコースを飛行しました↓

エバー航空のヨーロッパ路線は、中国本土を避けて飛ぶコースになります

前後の日程でフライトレーダーを調べると、このBR87便は予定通りに出発した場合は北回り(台北→日本海→ハバロフスク→ロシア上空→フランス)のコースで飛んでパリに、今回のように出発が遅れて翌日になってしまった場合は南回り(ベトナム→ミャンマー→バングラデシュ→インド→パキスタン→カスピ海→黒海→バルカン半島→アルプスを越えてフランス)のルートでパリまで向かうようです

このあたりの理由には興味がありますが、不明です

搭乗/Boardring

ハローキティのC3ゲートから出発

深夜で、おそらく終電のような状況のため、他のゲートには人がいませんでした

気づけば、電光掲示板の便名がBR87Dという表示に変わっていました

スターアライアンスゴールドのステータスを活かして、エコノミークラスの先頭で搭乗

というか、皆さん眠そうで、足が重そうでした…

機内、シート、アメニティ/Interior, Seat, Amenity Kit

今回搭乗したプレミアムエコノミークラスは、2-4-2列で大型のシートが並びます

シートピッチ、シート幅ともに標準的なプレミアムエコノミーな感じ

枕、ブランケット、ミネラルウォーターが配られていました

シートモニターも大きめで高精細なものでした

フットレスト付きスリッパもありました

ACアダプターに加えてUSBの給電設備があるのは、高評価

リモコンは、こういうものでした

アメニティキットはFURLA

中身はこんな感じで、フランスのPAYOT製

出発/Departure

日付が変わり、かなり静かになった桃園国際空港を出発

北方向に向かって離陸

なんやかんやでプレエコは満席のようでした

タイ航空みたいに花が飾ってあるトイレ

機内食1/Food 1

プレミアムエコノミークラスは専用の食事とのこと

生野菜が多いのは、かなり助かりました

味もなかなかのもの

食事後は長めの睡眠をとりました

機窓1/From window 1

黒海くらいで日の出

東ヨーロッパを進みます

機内食2/Food 2

到着前の朝食は、おかゆ

なかなか絶妙な味でした

機窓2/From window 2

アドリア海まで来ました

雄大なアルプスを越えていきます

農耕風景が広がってくるとフランス領空です

高度を下げて、パッチワークのような景色が見えてくると、パリも近いです

到着/Arrival

シャルル・ド・ゴール空港に着陸、タキシングしてターミナル1を目指します

円形の特徴的な建物がターミナル1で、スターアライアンス系の航空会社が多く利用しています

降機の際に名前を呼ばれ、Acces No.1という優先レーンを利用できるチケットをもらいました

空港で外に出るまでに時間がかかると、この後のTGVに乗り遅れてしまうところでしたので、大変に助かりました

降機して振り返ると、搭乗してきたB777-300ERが

ターミナル1特有の長い長い通路を進みます

優先レーンも利用できたので、思ったより早く入国、荷物も早く出てきました

この後は、あまり待たずにパリ・モンパルナス駅行きのロワシーバスに乗れたので、予約したアンダイエ行きのTGVにも余裕で間に合いました

まとめ/Summary

前述のように、エバー航空のプレミアムエコノミークラスは(フルサービスでの搭乗は)初めてでした

予想通り、かなり快適に過ごすことができましたし、サービスにも満足しています

ハード面では、標準的なプレミアムエコノミークラス

ソフト面では、機内食・アメニティキットはクラス独自のものが提供され、もともとCAさんたちのサービスは過剰すぎずよいので、かなりレベルが高いと思いました

エバー航空・台北発のヨーロッパ路線や、北米路線に日本から乗りに行くのも十分ありだと思いました

フライトデータ/Flight Data

エバー航空/EVA AIR
BR87 Premium Economy(L)
TPE 台北(桃園)/Taipei(Taoyuan)
→ CDG パリ(シャルル・ド・ゴール)/Paris(Charles de Gaulle)
Aircraft B777-300ER(B-16738)
Gate Departure 0:55(23:40)
Taxi Time 1:38
Takeoff 43m
Landing 9:11
Taxi Time 8m
Gate Arrival 9:19(7:30)
Duration 14h24m(13h50m)
ANA Mileage Club: 6,084mile, 6,484PP

最後までお読みくださった皆様へ
コメントなどいただけましたら、管理人のやる気が出ます
よろしくどうぞ↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする