RENFE/スペイン鉄道 駅でのチケット発券

Renfe/スペイン鉄道の乗車券をRenfeのWebsiteで予約した際に、駅で乗車券を発券する方法を記録しておきます

メールで届く乗車券のPDFをプリントするか、APPで乗車券を表示させるか、駅で発券するかのどちらか

RenfeのWebsiteで列車の予約をして、乗車券を購入すると、メールで乗車券のPDFファイルが届きます

これをプリントして持参し、改札でバーコードを読み込ませると乗車できます

また最近はAPPでAppleのWalletに表示させたものを利用することも可能になりました

しかし、私の場合は個人的に、なるべくちゃんとしたチケットを持って旅をしたいというのがありまして、駅で簡単に発券して乗車しています

紙の無駄だろと言われればそれまでですが、思い出の一部として搭乗券などもなるべく紙で(できれば航空会社の独自の用紙のもので)持っていたい人なので、そうしています

駅の端末(長距離列車用の自動券売機)を利用し、簡単に発券

大きな駅には、長距離列車用の自動券売機(端末)があり、これを利用すると簡単に予約した乗車券を発券できます

※セルカニアス(近郊路線)用の券売機もありますが、それではなく長距離列車の乗車券を購入できる端末で、プリントアウトできます

もちろん窓口もあり、写真のように空いているタイミングもありますが、

運が悪いとこんな感じで、大行列です…

これが現実ですので、予定が決まっている場合は、なるべく事前にWebsiteで購入するのがオススメです

以前はかなり不安定だったRenfeのWebsiteも、最近久しぶりに使ってみると、かなり安定した動作でした

VISA、MASTERのクレジットカードで決済ができます

※私の場合は、日本国内発行のクレジットカードでもはじかれることなく利用できましたが、カードによって違うのかもしれません

写真のような端末が大きい駅だとけっこうたくさん、目立つようにありますので、それを使ってWebsiteで予約した乗車券を発券しましょう

駅の端末(長距離列車用の自動券売機)を操作し乗車券を発券する方法

この端末では、乗車券の購入、予約変更、キャンセルなどができますが、発券する時は右下のPrintを選びましょう

もちろん最初に言語選択をしてください

英語は一番下の右から2番目のイギリス国旗マークを押すと選べます

ちなみに言語選択では、スペイン語(カスティーリャ語)、カタルーニャ語、バスク語、ガリシア語、バレンシア語、英語、フランス語と、スペイン国内の各言語もしっかり選べる仕様になっているのが素晴らしいと思いました

「すでにプリントしている場合は、再度プリントする必要はないっすよ」という注意が出ますが、この端末を使ってプリントする場合は、構わずContinueを押します

上のBooking Referenceを押します

下のBooking CodeTrain+Flyについては不明

RenfeのWebsiteで乗車券を予約した際にメールで届くPDFファイルをよく見ると、6桁の英数字で、Localizador: ******という予約番号が書かれていますので、それをEnter locator欄に入力

入力したらAcceptボタンを押すと、簡単に発券されます

発券された乗車券はこんな感じです

ボカしていますが、改札で右上のQRコードを改札で端末に読み込ませます

あとは、乗車ですが、Cocheが車両番号Plazaが座席番号なことに注意すれば普通の日本人の感覚で問題なく正しい座席に座ることができます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする