IB3723 AMS-MAD【Business】APR/2019

IB3723 Amsterdam-MadridBusinessAPR/2019

アムステルダムから乗継で、イベリア航空(イベリア・エクスプレス運航)のIB3723便でマドリーに向かいました

そういえば初搭乗のイベリア航空で、2019年GW10連休の目的地スペインへ

前フライト LO265便の到着が遅れていましたが、別切りでの乗継のため元々乗り継ぎ時間を少し長めにしていたため、問題なく乗り継げました

機材はA320-200(EC-MCB)

調べると、20年くらい飛んでいるメリディアーナとかで使用されていた機体のようです

イベリア航空のIberia Plusの特典で搭乗しましたが、ビジネスクラスでもわずか12,750Avios + 諸経費(65.37€)なかなかお得に特典航空券を発券できました

ちなみに、昨年の夏前くらいに発生していた、イベリアプラスの祭りで得たAviosの残りをつかっての発券でした

アムステルダムまでのフライトは↓

LO265 WAW-AMS【Premium Economy】APR/2019
LO265 Warsaw-Amsterdam【Premium Economy】APR/2018 2018-19年末年始から続くヨーロッ...

チェックイン/Check in

問題なく乗り継げたとはいえ、遅めのチェックインだったため、カウンターは既にガラガラでした

オランダっぽいチューリップ

 

チェックイン後は、時間もあまりないので搭乗ゲートから遠いラウンジには寄らず

搭乗/Boarding

B13という搭乗ゲートが指定されていたんですが、搭乗時刻になってもルフトハンザの機体が停まっていました

予想できましたが、アナウンスがあって隣の隣くらいの搭乗ゲートに変更になり、乗客みんなで大移動

ブラインド越しに搭乗機が到着

結局、予定より30分ぐらい遅れて搭乗開始でした

機内・シート/Interior, Seat

イベリア・エクスプレスのA320-200の機内

よくあるヨーロッパのリージョナル路線の単通路機で、エコノミークラスは3-3列並びビジネスクラスはエコノミークラスと同じシートの3列の真ん中を使用しない運用

余談ですが、CA男子がすごくイケメンだったな

対応も丁寧で好感が持てました

機内は、経年の機体なので読書灯周りの仕様などは古い感じでしたが、きれいに保たれています

シートは最新で、ペラッペラのRECAROだったので、全体的にはそこまで古さを感じませんね

座り心地はそれなりですが、強度は問題ない模様

Webで見つけた、このシートでしょうね

日本だとピーチだったかが導入したとかしないとか

シートはペラッペラですが、ちゃんと足元に電源(USB、ユニバーサルソケット)は完備

ビジネスクラスは半分くらいの搭乗率だったか

出発/Departure

給油完了を待ってからの、出発でした

アムステルダム国際空港なので、KLMの機体がたくさん

KLMのジャンボも2021年までに退役し、A350-900やB787-10に取って代わられる予定ですが、調べると2019年5月現在計10機(B747-400が3機、B747-400Mが7機)も現役なんですね

アムステルダム国際空港を離陸

オランダっぽい水のある風景が広がります

機内エンターテインメント/Inflight entertainment

イベリア・エクスプレスの機体では、CLUB EXPRESS ONBOARDという機内Wifiに接続して利用できる機内エンターテインメントがありました

3Dな感じのフライト情報が見れたり

映画も見れます

タブレット持参だとちょうどいい感じです

機内食/Food

スペインは、どこに行ってもオレンジジュースが美味しいという個人的な感覚がありますが、もちろん機内でも美味しかった

機内食はフィッシュの一種類でした

メインはサーモンでしたが、なかなか美味しかったです

短距離のビジネスクラスならこれで十分という感じ

機窓/From window

オランダ→ベルギー→フランスと南下していきますが、ひたすら雲の上

ピレネー山脈まで来ると雲もなくなり、地上も快晴のようです

この時期はまだ多くの雪を頂いたピレネーの景色が圧巻でした

ピレネーを越えると、乾燥したスペインっぽい、赤い感じの大地が広がります

アムステルダムから約2時間、マドリーの街のスカイラインが見えてきました

到着/Arrival

マドリー・バラハス国際空港に着陸

VAMOSエアという会社のB747-400がいますね

カリブ海方面などにチャーター便を運行するスペインの航空会社とのこと

イベリア航空やワンワールドの航空会社の乗り入れる、第4ターミナルのゲートに到着

シェンゲン域内のフライトは、第4ターミナルでもメインの方を利用しています

イベリア航空カラーの真っ赤なトーイングカーがかっこいいな

ここまで運んでくれた機体を撮影

建物から遠いな…

特徴的な第4ターミナルの美しいインテリア

V字型に大きな柱が並んで、だんだん色が変わっていく感じは、かっこいいですね

曲面の天井は竹を使用しているとのことです

マドリー市街へ/To Madrid city center

空港からマドリーのセントロ(市街)までは、Renfeのセルカニアス(近郊線)で移動しました

今回宿泊したホテルは、IBIS BUDGET MADRID LAVAPIES

ラバピエスなんて、初めてマドリーを訪れた2008年ぐらいには、このソルから南側の方面は治安最悪で首絞め強盗とか言っていたと思いましたが、Ibisができるなんて時代は変わってきているようですね

実際、夜でも人通りのある道なら、気をつけていれば大丈夫な感じでした

このホテルの近くのEmbajadoresまでRenfeのセルカニアスで向かいましたが、Aeropurerto T4からC-1に乗りAtochaまで

AtochaからC-5に乗り換えて1駅のEmbajadoresまで行くのが一番安いとGoogle mapの結果が出ましたので、それで行きました

第4ターミナルの地下に下りると、Renfeセルカニアスとメトロの乗り場が並んであります

セルカニアスの切符は自動券売機で購入しましたが、並んでいる人がいたのと、操作方法がわからなかったりしているようで、思ったよりも時間がかかりましたね…

もちろんセントロまではメトロで行けますし、メトロが網の目のように走っているので、行先と値段と時間を考えての選択でした

まとめ/Summary

イベリア航空Iberia Plusの特典航空券でイベリア・エクスプレス運航のフライトのビジネスクラスに、アムステルダムからマドリーまで搭乗しました

よくある欧州域内の単通路機のビジネスクラスで、シートはエコノミークラスと同じで、3列の真ん中を使用しないタイプでしたが、機内食などのサービスは満足でした

イベリア航空には、2019年夏にマドリー→東京(成田)の長距離路線のビジネスクラスに登場する予定なので、楽しみです

フライトデータ/Flight Data

イベリア航空/Iberia(Operated by Iberia Express)
IB3723 Business(U)
AMS 
アムステルダム/Amsterdam
→ MAD
マドリード/Madrid
Aircraft A320-200
(EC-MCB)
Gate Departure 12:44(12:10)
Landing14:46
Gate Arrival 14:57(14:50)
Duration 2h13m(2h40m)
IB特典 12,750Avios + 65.37€ 

最後までお読みくださった皆様へ
コメントなどいただけましたら、管理人のやる気が出ます
よろしくどうぞ↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする