BA Executive Club 特典航空券の検索をしてみた

British Airwaysのフリークエントフライヤープログラム”Executive Club”で、Aviosを貯めて発券できる特典航空券は355日前から24時間前まで発券可能です

今、この話をしているのは、
まだ遥か先ですが、来年2018年のGW期間の特典航空券を取ろうとした場合に、ちょうど355日前を過ぎたあたりなので、現時点で特典枠が空いているのか気になったのです
ほぼ毎日、BA Executive ClubのWebsiteをチェックして、ちょこちょこ東京−香港間で検索してました
BAの特典航空券を使う人が多そうな区間で、通常ですと、ワンワールド加盟のCX(Cathay Pacific)、JALのフライトが選択できます

んで、本日、一般的な2018年のGW最終日5/6の355日前の時点で、わかっているのは、
以下のようなことです↓

・JALは355日前には開放していない、CXは基本的に355日前から開放している
JALは何日前から?たしか330日前からだったっけ?
GW期間だから他社に特典枠を開放していないとかはあるのか?

・CXも日によっては特典枠を開放していない
CXの東京→香港は、5/1、5/2が未開放
CXの香港→東京は、4/27、4/28、4/29、4/30、5/1、5/2、5/3が未開放
5/1労働節の前後で、ブラックアウト期間が設定されている?それともどこかのタイミングで開放となる?

・日本時間のAM9:00にBA Executive Clubの日付が更新となる
利用するフライトの時刻とかではなく、9時以降に検索すると355日先の特典航空券が選択できる
現在(夏時間)の時差は8時間だけど、冬時間だと時差が9時間なので、冬時間に合わせている!?

・予約開始と同時に、瞬く間に特典枠が無くなることは無い(無さそう)
9時過ぎに確認しても、夜に再度残席を確認しても、空きはほとんど変わっていなかった
それほど競争が激しくないのか?、それとも、便数も多い区間だから? 枠に余裕があるのか?
しかし、便ごと、クラスごとに細かい設定(Businessしか開放しないとか、Economyだけ開放とか)はしてそう

参考までに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする