EY888 Beijing-Nagoya/Chubu 【Business】Feb/2017

th_EY88801
エティハド航空が2016年末に大安売りをしており、週末北京観光にビジネスクラスで行った帰りのフライト
搭乗機はA330–200(A6-EYQ)
アブダビ→北京→名古屋(中部)と運航されるEY889便の以遠権区間の搭乗でした

航空券購入については↓

th_EY88802
北京首都国際空港のチェックインカウンターは、Bの一部を使用
行きの中部国際空港とは大違いで空いてました
それにしても、相変わらずめちゃくちゃ高い天井ですね

BGS Premium Loungeというラウンジが指定されていたので訪問しましたが
特筆すべきこともないラウンジでした
他に客もいなかったので貸し切り

th_EY88803
ゲートは第3ターミナル国際線への列車を降りてから、わりと近いE10
特に案内表示はありませんでしたが、チェックイン時に言われた通りに、1時間弱の遅れ

th_EY88804
行きと同じ、A330-300のビジネスクラスのシート
搭乗客はわずか3人…

th_EY88805
ウェルカムドリンク、かなり濃厚な果肉入りのオレンジジュース

th_EY88806
相変わらず巨大な北京首都国際空港
飛ぶまでかなり待たされるイメージですが、時間帯がよかったのか、ほとんど待ちもなく離陸

th_EY88807
ディズニーランドの塗装をした中国東方航空のA330-300(B-6120)と並行して離陸でした

th_EY88808
北京郊外
あちらは左旋回、こちらは右旋回

th_EY88809
インテリアはなかなか洒落ています
そんなにバブリーすぎることもなく、好感が持てました

th_EY88810
水平飛行に入り、温められたナッツとシャンパン

th_EY88811
はじめに、鱈のポーチ
アスパラガス、枝豆のピュレ
レッドラディッシュ、トマト、ハーブヴィネグレット
「春巻きと天ぷらは、おまけ」とのこと
洒落た感じで、よかったです。味もGood

th_EY88812
メインは、鶏肉の四川風、玉子炒飯、中国葉野菜
鶏肉のタレが少し辛かったですが、味は良し
中国発なので中華料理を選択

th_EY88813
メインを食べ終わる頃に、大連の近くを飛行

th_EY88814
デザートは、キャラメルムース・パヴェ、ピーカンナッツのキャラメリゼ
高級なカフェにありそうな感じ
かなり甘かったので、エスプレッソとちょうどいい感じ

th_EY88815
仁川国際空港の付近を飛行

th_EY88816
ソウル上空も飛行

th_EY88817
最後は荒れる伊勢湾上から着陸

th_EY88818
古い塗装の機材ですが、これもまたカッコイイです

非常に快適な空の旅でしたが、
ビジネスクラスの乗客は僅か(3人)で寂しいフライトでもありました
お陰で、CAさんとけっこう話すことができましたが、
「ビジネスクラスがこれじゃね…」ということで気になる発言もありました
(あえて書きませんが、今後何らかの発表があるのかもしれません)

ちなみにCAさんたちはアブダビがベースで、アブダビ→北京、北京→名古屋、名古屋→北京、北京→アブダビを連続せずにフライトするため6日間の長丁場とのこと

エティハド航空/Etihad Airways
EY888
A330–200(A6-EYQ)
PEK 北京/Beijing 9:45(10:34)
→ NGO 名古屋(中部)/Nagoya(Chubu) 13:45(14:02)
Duration 3h(2h28m)
Business(Z) 1,453miles
※ANAマイレージクラブに加算(125%)
EY888Map

往路の搭乗記は、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする