EY889 Nagoya/Chubu-Beijing 【Business】Feb/2017

th_EY88901
エティハド航空が2016年末に大安売りをしており、週末北京観光にビジネスクラスで行くことにしました
搭乗機はA330–200(A6-EYN)
名古屋(中部)→北京→アブダビと運航されるEY889便の以遠権区間の搭乗でした

航空券購入については↓

th_EY88902
チェックインカウンターが開いた直後くらいに行きましたが、エコノミークラスは長蛇の列
日本帰りの大陸の方々が多い印象でした
アブダビまで行きそうなのは、日本人のツアー客がいたくらいでは…

th_EY88903
ビジネスクラスは、待ち時間は僅か

待ち時間はスターアライアンスラウンジへ
中はしょぼかったですが、首都東京以外の日本の空港はこんなもんなのかな…という感じ
これなら出国前に銭湯に行っとくべきだったと後悔

th_EY88904
搭乗口は15
スカイデッキのある真下の、センターピアの奥の方なので、けっこう歩きました

th_EY88905
ビジネスクラスの座席は、スタッガード配置のフルフラットになるシート
エティハド航空のビジネスクラスのシートとしては最新式ではないですが、相当快適です
ビジネスクラスは、だいたい半分ぐらいの搭乗率でした

th_EY88906
アル・アインのボトルも常備
海水を淡水化して製造するミネラルウォーターですね

th_EY88907
テーブルはタイ航空のA380のような安定感のある一枚物

th_EY88908
足元には、肌触りのいい大きなブランケットと、食事のメニューが置いてありました

th_EY88909
ウェルカムドリンクには、シャンパン
“Billecart-Salmon NV Brut”
ここで、メニューを見ながら夕食をオーダー

th_EY88910
離陸後、再びシャンパンと温められたナッツ

th_EY88911
機内の照明が変わっていき、食事前にはムーディーな感じに

th_EY88912
初めに、パンプキンスープ
これ、地味に美味い

th_EY88913
メインには、本格的湾岸鶏肉のマチュブース、湾岸スパイス風味のパスマチライス
こちらも、中東風な感じでなかなか美味しかったです

th_EY88914
食べながら外を見ると、ソウル上空

th_EY88915
デザートは、さっぱりとした抹茶アイスとコーヒー

th_EY88916
遠く、大連の街並みが漆黒の闇に浮かび上がっていました
海岸線に妖しく色が変わる橋のようなものが見えましたが、星海湾大橋という海上を渡る橋のようです

時間は短かったですが、このあとシートをフルフラットにして仮眠
気持ちよく北京に到着することができました

エティハド航空/Etihad Airways
EY889
A330–200(A6-EYN)
NGO 名古屋(中部)/Nagoya(Chubu) 21:05(21:16)
→ PEK 北京/Beijing 00:05(23:30)
Duration 4h(3h14m)
Business(Z) 1,453miles
※ANAマイレージクラブに加算(125%)
EY889Map

復路の搭乗記は、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする