デルタ航空/Delta Air Lines 東京(成田)⇔台北(桃園)運休、台湾から撤退へ

th_IMG_8610
悲しいニュースが飛び込んできました
(写真はデルタ航空B767-300ER、台北・桃園国際空港で搭乗時に撮影)

私もよく利用しているデルタ航空の以遠権路線
東京(成田)−台北(桃園)線が、今年5月24日台北発を最後に運休となり
デルタ航空は台湾市場から撤退となってしまうことが、発表されてしまいました
台湾メディアが報じています

中途半端にしかできない羽田空港の国際化を進めると、今まで成田をハブにしていたデルタとしては、ハブが分断され、アメリカからの乗継として運航しているアジア方面の以遠権路線に影響を受けるのは当然です
現に昨年10月には大規模な減便がありましたし、
(成田発のロサンゼルス線、ミネアポリス線、ニューヨーク線、バンコク線、関空線が運休となりました)
台北線も時間の問題かと思ってはいましたが、やはりこのニュースは残念です
ひとまず成田から台北までは同じスカイチームのチャイナエアラインに乗り継がせるのでしょうか

残る成田発デルタ航空のアジア方面の以遠権路線は、上海/浦東線、マニラ線、シンガポール線ですが、おそらくこれらが無くなるのも時間の問題
・アメリカから韓国、中国まで直行便を飛ばして、そこからスカイチーム系(大韓、東航、南航)とコードシェア
もしくは、
・長距離を運航できる最新機材を投入して直行便を開設していく
という大きな流れを選択したのでしょう

今後は、日本線はあくまでも「アメリカから日本まで」となるんでしょうか
デルタ航空は成田空港に巨大なハブを作って今までやってきただけに、日本の航空行政に振り回されてしまって、なんだかなと思いますが

台湾−アメリカ間では、
最近は台湾のエバー航空、チャイナエアラインも北米路線を頑張っているし、ユナイテッド航空は台北までサンフランシスコから直行便があるので、デルタが台湾から「撤退」しても、直行便が結構な本数でありますね。

以遠権区間である東京(成田)−台北区間は、台北行きの時間が遅いことをよしとすれば、
フルサービスキャリアとしては安価な運賃で航空券が買えて、
デルタ航空には感謝でした

こりゃ、デルタのアメックスゴールドも無くなっちゃったりするのかな?
会員なだけに、今後の動向が気になります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする