JL9 Chicago/O’Hare-Tokyo/Narita Oct/2016

今回、JALの東京(成田)-シカゴの往復を利用しました
あくまで個人的な感想ですが、
同じアメリカ線でもANAに比べると、乗客が日本人ばかりだという印象を受けました
年齢層は高めのような
JALと同じワンワールドのAA、MHなどとコードシェアをしていましたが、あまり外国人の乗客は見ませんでした
戦略的に、ターゲットは日本人なのかな!?
CAさんの接客態度も、さっぱりした感じというよりはベタベタした感じで年配受けしそう(イメージ通り)
それはそれで差別化されていいと思います
しかし、横柄な態度の年配者がいたり…
ワンワールドの国際線はキャセイ、ロイヤル・ヨルダンぐらいしか乗ったことがなかったので、新鮮でした

th_IMG_7693
搭乗機はB777-300ER(JA736J)

↑往路JL10便と同じ、エコノミークラスはSKY NEXT

th_IMG_7687
シカゴ・オヘア国際空港のターミナル3からの出発
この空港は入国審査場がターミナル5にしかなく、国際線到着便は強制的にターミナル5
(お迎えの人はわかりやすいですね)
乗客を降ろした機体は、そこから出発するターミナルまで移動してきます
アメリカもイギリスのように出国審査なしなので、国際線とアメリカ国内線が隣のゲートだったりしますね
日本では見ないシステムで面白いです

th_IMG_7691
アメリカン航空がメインのターミナルで、日本では見れなくなった旧塗装、ポリッシュドスキンの機体
このデザイン好きでした
しかもMD-80シリーズが多数現役です

th_IMG_7695
搭乗ゲートは一番奥のK19
ビジネス需要の多い路線だけあって、優先搭乗する人が多かったです
ビジネスクラスの定員も多い機体ですが、それ以外も多数だったような気がします

th_IMG_7697
最初の機内食はビーフを選択

th_IMG_7698
ハーゲンダッツはアメリカ製造のもの

th_IMG_7703
半分ぐらい飛んで、リフレッシュメントのサンドイッチ
小さい…
コンソメスープも

th_IMG_7704
日本にだいぶ近づいたところで、朝食のパスタ
といっても、時刻は午後2時半くらいなんですけどね…

少し遅れて離陸してましたが、所要時間に余裕があったのか、定刻より早まっての到着でした

日本航空/Japan Airlines
JL9
B777-300ER(JA736J)
ORD シカゴ(オヘア)/Chicago(O’Hare) 12:35(13:02)
→NRT 東京(成田)/Tokyo(Narita) 15:35(15:28) (+1Day)
Duration 13h(12h26m)
Economy(Q) 1,886Avios
※Iberia Plusに加算
USセーバー50という安い変更不可の運賃だったため、JALでも30%
BAだと25%しか貯まりませんが、IBだと30%加算なので、加算後にBAに移行することにしました
5日後くらいに加算されていました
12-13時間ものフライトでも、加算率が低すぎると、たったの1,886milesしか貯まりません…
(Iberia Plusでは単位がmilesではなくAvios)
JL9

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする