桃園→台北 高鐵(台湾新幹線)

桃園国産空港から、バスで高鐵桃園車站(桃園駅)に到着し、窓口で切符の購入

今回は事前にkkdayという旅行サイトの外国人限定の25%OFFサービスを利用していたので、バウチャーを提出し、列車の座席の指定をしてもらいました
このkkdayの件、詳しくは後日、別に書きます

※書きました↓
【外国人限定25%OFF】KKday.com で高鐵(台湾新幹線)を予約した

18時過ぎに香港からのCX400便で到着し、
入国審査は常客証で速攻で突破し、
ビジネスクラスだったので荷物も最初の方に受け取れたとはいえ、
なんやかんやで高鐵桃園車站(桃園駅)に到着したのは19:15くらいでした
高鐵(台湾新幹線)の時刻表を見ると、土曜日なんで19:27、19:55、20:13、20:27…と列車がありました
しかし、予約できる列車は、すぐに来る19:27の次は21:13とのこと
5人ぐらい並んでいて、開いている窓口は3つ、順番が来たら大慌てで発券してもらい、地下のホームへ下りました

IMG_6331-w
ホームの駅名は案外地味

IMG_6333-w
間髪入れずに、2番線(北上月台)に列車が入ってきました
あぶないあぶない

IMG_6330-w
案内表示は、けっこうわかりやすいです

IMG_6336-w
終点は台北
2016年7月より、台北車站より延伸して終点が南港となるようです

IMG_6337-w
車両は東海道山陽新幹線の700系の輸出バージョンです
車内も一緒ですね

IMG_6339-w
こんな感じで標準車廂(普通車)は2-3列
他に商務車廂(グリーン車)があり、こちらは2-2列、茶菓のサービス、シートにはAC110Vの電源コンセントがあるようです

IMG_6338-w
こんな車内の案内も、東海道新幹線にそっくりですね

途中、板橋に停車し、合計23分の乗車で台北車站に到着
日本の新幹線と同じ、快適な乗り心地でした
そして桃園→台北が160NTと、別に25%OFFにならなくても、日本に比べると運賃が安いです

MRTの板南線沿いに宿をとっていたので、地上に上がらずにそのまま乗り換えでしたが
台北車站の乗換は、やや距離がありました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする