NU559 OKA-MMY JUN/2020

NU559 Okinawa(Naha)-Miyako Jun/2020

緊急事態宣言が明けた後宮古島まで

直行便が安くなかったので、那覇空港乗継で行きます

沖縄(那覇)→宮古は、JTA/日本トランスオーシャン航空 NU559

搭乗機は、B737-800(JA06RK) さくらジンベエジェットでした

那覇空港 JAL サクララウンジ/Sakura Lounge

東京(羽田)からJL901で到着したあと、乗継時間を利用し、空港食堂で早めの昼食をとったあとは、制限エリアに入りサクララウンジにササッと寄りました

確か、コロナ禍の特別対応で、2020年の年明けからのフライトのFOP x2倍キャンペーンもあって、気づいたらサファイアステータスになっていたので、サクララウンジに入れるようになっていました

手書きのシーサー

ラウンジ内は、そもそも減便で搭乗客が少なかったこともあってか、ガラガラで快適でした

搭乗/Boarding

さくらジンベエで離島に飛ぶということで、上がります

ジンベエジェットさくらジンベエジェットは、美ら海水族館とのコラボということです

青やピンクのジンベエザメは空想ですが、これはこれでOK

JTA B737-800 さくらジンベエジェット 普通席/Economy Class

ナローボディのB737-800なので、普通に3-3列でシートが並びます

もちろんシートモニターは無し

ソケットやUSB差込口もなし

確か、モバイルバッテリーを借りれるんでしたっけ!?(借りたことはないけど…)

南国っぽいサンゴ礁の柄のヘッドレストカバーですね

出発/Departure

定刻どおりに那覇空港を出発

機窓から/From window

RW18Lから南に向かって離陸でした

那覇の街を見ながら上昇していきます

喜屋武岬がよく見えました

ちなみに、沖縄本島最南端は荒崎です

このあとは、宮古島までひたすら海上を飛行していきます

ルートはこんな感じでした

離陸後30分もすると、宮古島が見えてきました

飛行機だと近いですね

天気もよく、サンゴ礁の海もきれいです

シュノーケリングをするのが楽しみです

島には畑が広がっていますが、サトウキビが多いようです

あっという間に、赤瓦屋根が特徴的な宮古空港に到着

着陸はRW22でした

空港のシーサーも立派

東京の造形作家さんが、島まで通って、島の材料で制作され、寄付されたんだそうです

おまけ

空港近くでレンタカーを借りたあと、ちょっと時間があったので空港に寄ってみると、ちょうど折り返しの さくらジンベエジェットが出発するところで、関係者の皆さんのお手振りが見られました

いい光景ですね

このあとはレンタカーで宮古島と橋を渡っていける離島を回りました

まとめ/Summary

緊急事態宣言明けに宮古島まで那覇空港乗継で向かいました

沖縄(那覇)→宮古JTA/日本トランスオーシャン航空のフライト、NU559を利用しました

さくらジンベエジェットB737-800普通席に搭乗しました

沖縄の離島に向かうのに特別塗装機に搭乗でき、気分が上がりました

フライトデータ/Flight Data

日本トランスオーシャン航空/JTA
NU559 普通席
OKA 沖縄(那覇)/Okinawa(Naha)
→ MMY 宮古/Miyako
Aircraft B737-800(JA06RK)
Gate Departure 11:50(11:50)
Taxi Time 11m
Takeoff 12:01
Landing 12:35
Taxi Time 4m
Gate Arrival 12:39(12:40)
Duration 49m(50m)
JAL Mileage Bank: 363mile 931FOP

最後までお読みくださった皆様へ
コメントなどいただけましたら、管理人のやる気が出ます
よろしくどうぞ↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする