Singapore Changi Int’l Airport, Singapore Airlines Silver Kris Lounge Nov/2018

シルバークリス・ラウンジとクリスフライヤーゴールド・ラウンジ

シンガポール・チャンギ国際空港からシンガポール航空ビジネスクラスで出発だったので、シルバークリス・ラウンジが利用できました

シンガポール航空のエコノミークラスを利用するスターアライアンスゴールドメンバーが利用できるクリスフライヤーゴールド・ラウンジと紛らわしいですね

名前にゴールドと入ったクリスフライヤーゴールド・ラウンジよりも、このシルバークリス・ラウンジのが格が上です

昨年、SQ32 シンガポール→サンフランシスコというウルトラロングホールのフライトを利用した際にクリスフライヤーゴールド・ラウンジに寄ってました↓

ターミナル3のシルバークリスラウンジを利用

今回は、別切りのガルーダ・インドネシア航空のフライト、GA822でジャカルタから到着しました

シンガポール航空のレッドアイフライト SQ618 大阪(関西)行きのビジネスクラス に乗換でしたが、GA822の到着は沖止めで、バスでターミナル3に入ることができたので、上階に上がってすぐのトランジットカウンターで、搭乗券を発券してもらいました

ビジネスクラスなのでシルバークリスラウンジを利用できますよという案内もありました

乗継は余裕を持って3時間取っていましたので、シルバークリスラウンジに向かいました

エントランス

シルバークリス・ラウンジのエントランスは、前回利用したクリスフライヤーゴールド・ラウンジよりも豪華な感じでした

カウンターでの応対も、丁寧でした

シャワー

ひとまずシャワーを浴びたいので順番待ちにエントリーしようとシャワーに行くと、待ち時間ゼロで入れました

ラウンジ内は、深夜の出発ラッシュ前の23時ごろだったからか、かなり混んでいたので、シャワーも混んでいると思ったので、意外でした

そこまで私はこだわらないので、いいんですが、

備え付けのアメニティは、期待しないほうがいい感じでした

清掃状況もよく、きれいに保たれていました

ラウンジ内

シャワーでスッキリしたあとは、軽く夜食を

パスタを作ってもらい、シャンパンを頂きながら

中長距離便の出発ラッシュのためか、相当広く席がたくさんあるシルバークリスラウンジでも、空席を探すのがけっこう大変な感じでした

ゲートはラウンジの下ぐらいの位置で近かったので、搭乗開始時刻ギリギリまでラウンジ内で過ごしました

私がラウンジを出る頃には、少しは空いてきたなという感じで、それでもまだまだ混んでいる感じでした

まとめ

シンガポール航空ビジネスクラスで出発だったので、シルバークリス・ラウンジを利用しました

本拠地のラウンジなので、かなり気合の入った感じ(フードとか)でしたが、シャワーは意外にもアメニティが質素

そういえば、シンガポール航空のビジネスクラスのアメニティも、そんな感じですね

広いラウンジですが、こんなにもビジネスクラスの利用客がいるのか?というくらいにごった返していて、それによって快適度が下がってしまいます

さすがはカンガルールートのハブ、A380とか大型機もかなり多いので、仕方ないとは思いますがね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする