ANAがロシア路線に進出(予定)ですが…

ANAがロシア路線に進出(予定)

拡大拡大の勢いのANAが、早ければ2020年春にも東京からモスクワとウラジオストクへ就航を計画しているとのこと

モスクワに加え、ウラジオストク路線も

現在、東京(成田)ーモスクワは、

  • アエロフロート・・・デイリー(シェレメチェボ)
  • JAL・・・週4(ドモジェドボ)

東京(成田)ーウラジオストクは、

  • S7・・・週5
  • オーロラ・・・週4

と、各社が運行しています

そこにANAが進出するということのようです

ウラジオストク路線といえば、S7航空が意外と悪くなかった

モスクワ路線の搭乗はありませんが、日本から近い(下手したら中国よりも近い)極東ロシアへは、以前ウラジオストク→ハバロフスクのシベリア鉄道に乗りに行っていました

その際に、黄緑色の機体が目立つS7航空に搭乗していますが、成田からいきなり欧州内路線に乗るという感じで、なかなか面白い経験でした

サービスも含め、機体も欧州内路線で使われているものと同じで、ナローボディですが短時間(2時間程度)なので、まったく問題なかったです

こんな感じで、搭乗記↓

同じロシアのアエロフロートも、一昔前は散々な評価でしたが、最近はそこまで悪くないという評価も目立つようになってきましたので、そのうち搭乗してみたい航空会社の一つです

日本から2時間でいきなりヨーロッパ、シベリア鉄道にも乗れる極東ロシアの旅もおすすめ

日本海を渡ったところ、ほんの2時間の距離のところまでヨーロッパが来ているというのに驚きますし、シベリア鉄道の旅も味があってよかったので、おすすめです

またそのうち行ってみたいな

ウラジオストクからハバロフスクまでの1泊、シベリア鉄道の旅の記録↓

航空券がそんなに安くないので、今の自分だったらBAの特典航空券(S7航空)で行くでしょうね

個人的には、…

極東ロシア路線は、全然儲からないような頃からコツコツ便数を増やして、イルクーツク線とか拡大してやってきたS7がいるのに、ANAが持っていってしまうのかと思うと、なんか残念です

S7は、季節運航で大阪(関西)にも飛ぶようになりましたし

私が行った2015年夏当時も、韓国キャリア(大韓、アシアナ)は普通に飛んできていたので、日系の進出は今更感がすごいします

ANAの進出は国策みたいな感じなのかもしれないので仕方ないかもしれないけれど、S7には負けずに頑張ってほしいなと思いました

モスクワ路線でJALに真っ向勝負を挑んで、需要を取ってしまうのはありですが 笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする