台北でiPhone SEを購入してみた【まとめ】

からの続き

img_6621jpg_27915430002_o-w
台湾で購入したiPhone SEは、日本で購入するものとどう違うのか確認してみました

型番はA1723で日本で販売されているものと同じでした
もちろん技適もありますので、日本国内で使用可能です

しかしA1723でもCDMAとGSMの2タイプがあり、
日本版はCDMA、台湾版は香港や欧州、オーストラリアなどと同じGSMです
GSMでは日本でau系のSIMは使用できませんが、私にはauはまったく縁がないので問題ありません

img_6624jpg_27737455430_o-w
また、使用前に剥がしてしまう背面の保護シールに、中国語で書かれたシールが貼ってあったのと、
写真のように、“美國蘋果公司 行動電話機 型號:A1723 生産年期:2016 中國製造”と中文で印字されてあります
日本で買ったものでは、英語で印字されています
外観上の違いはこれだけでした

iPhone SEというかスマートフォンでは、もちろん使用時の言語設定を日本語にできますし、
そもそも私は設定を英語にして使っておりますが、快適に使用しています

これで、電車の中とか、静かな場所でスクリーンショットを撮っても、シャッター音が鳴らずにすみます。

IMG_6367-w
以上、旅行ついでに台北101でiPhone SEを購入してみたという話でした
この後、イギリスの国民投票で「EU離脱」が選択され、為替相場はさらに円高に振れました
タイミングがもう少し遅かったら、さらに安く購入できたんだと思いますが、
そのあたりは運なのかもしれません
それでも、日本で買うより安く、しかもシャッター音のならないSIM Free機が手に入りましたので、満足とします

台北でiPhone SEを購入してみた ①
台北でiPhone SEを購入してみた ②
台北でiPhone SEを購入してみた ③
台北でiPhone SEを購入してみた ④

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする