Iberia/イベリア航空 マドリー−東京(成田)再就航、それより先に上海に就航

Iberia Plus絡みでIberiaことスペインのフラッグキャリア、イベリア航空の記事を続けています。

madrid-barajas-airport-horizontal-large-gallery

写真は、イベリア航空の本拠地、マドリーのバラハス国際空港。イベリア航空が使用するTerminal 4は、建築物としても非常に洗練されています。

イベリア航空は、

東アジアでは定期便では日本にしか飛ばしたことがない。 日本は1986年、マドリード~バレンシア~ムンバイ~東京で就航を果たした。1987年には経由地をアンカレッジとモスクワ、1990年にはモスクワのみとし、その後直行便化されたが1998年12月に撤退した。 2015年にはA330などの更新用新造機を受領し、日本との直通便開設が検討されている事が明らかとなった。自主的な経営再建に成功した日本航空(JAL)と同時期に行われた次期主力機材選定作業にて、イベリア航空及びブリティッシュ・エアウェイズはA350型機を発注している。2015年には、イベリア航空がスペイン王国から日本への直行路線開設を構想している事が報じられた。スペインのバルセロナは、イタリアのローマやヴェネチアと並んで日本人観光客から高い人気を誇るため、以前から直行便就航を要望する声が多かった。

2016年1月18日、上海線の冬ダイヤ以降の開設準備と同時に東京便を10月18日に週3便で開設することが発表されたが、2016年6月28日に上海線開設を前倒しすることを4月19日に発表した。

(Wikipediaより引用)

ということで、東京成田に18年ぶりに復活、再就航します。

しかし同じ東アジア路線として、同時に開設予定だった上海(浦東)線を、先に6月末に就航することになりました。同じタイミングで就航するMU(中国東方航空)の週4便と合わせて、マドリー−上海(浦東)間は週7便となります。(※デイリーではない)

A330_200_1

東京、上海線ともに、A340-300の置換えで2015年12月から納入が始まっている最新のA330-200が使用される予定。シート数は288席

→ http://www.iberia.com/web/program.do?menuId=FICAVD&plane=4500130748922&category=8100007447707

Iberia-New-Business-Plus

Business Plusといわれるビジネスクラスは、19席。200cmのフルフラットベッドになる全席通路側のシート

→ http://www.iberia.com/web/obsmenu.do?menuId=EIVBPL

Iberia-A330-200E

Economy Classは269席。2-4-2のゆとりのある並びで、シートピッチは79-81cm

→ http://www.iberia.com/web/obsmenu.do?menuId=EIVTUR

マドリー−東京(成田)は2016年10月18日に再就航(予定)

2016年10月18日から29日まで、(東京発は10月19日から)

IB6801 マドリー 13:20 東京(成田) 9:35(+1Day) A330-200 13h15m ※火金日
IB6800 東京(成田) 11:20 マドリー 18:20 A330-200 14h ※月水土

2016年10月30日以降

IB6801 マドリー 12:20 東京(成田) 9:35(+1Day) A330-200 13h15m ※火金日
IB6800 東京(成田) 11:20 マドリー 17:20 A330-200 14h ※月水土

マドリー−上海(浦東)は2016年6月28日に就航(予定)

2016年6月28日から(上海発は6月29日から)

IB6889 マドリー 12:50 上海(浦東) 7:10(+1Day) A330-200 12h20m ※火金日
IB6888 上海(浦東) 11:00 マドリー 18:40 A330-200 13h40m ※月水土

参考)MU(中国東方航空便)

2016年6月28日から

MU710 マドリー 22:55 上海(浦東) 18:20(+1Day) A330-200 13h25m ※火木土日
MU709 上海(浦東) 12:15 マドリー 20:45 A330-200 14h30m ※火木土日

爆発的に増え続ける中国人旅客への対応が、日本人のスペインへの観光需要よりも優先されても仕方ないような気がしますね。

ちなみに中国からマドリーへは、北京発の中国国際航空(週4便)、杭州発の北京首都航空(週2便)が既に飛んでいます。

香港からのキャセイ・パシフィック航空(週4便)も今年2016年6月2日に就航予定です。

この他、皆が行きたいバルセロナには、北京からの中国国際航空(週4便、ウィーン経由)も飛んでいます。

今年は、中国線大増便のマドリーだということがわかります。

Skyscanner 【海外・国内格安航空券、ホテル検索サイト】

イベリア航空のフリークエントフライヤープログラム”Iberia Plus”に関しては、バイマイル(マイル購入)でAvios(マイル)をお得に貯めることができます。

→ 【驚異の1Avios=¥1.16】キャンペーンでIberia PlusのAviosを購入(BAのAviosに交換可能)

→ Iberia Plus カード(Iberia/イベリア航空のフリークエントフライヤープログラム)

BA(British Aierways)の”Executive Club”にAvios(マイル)を移行すると、

→ British Airways “Executive Club”

たったの4000Avios(マイル)+キャッシュで、香港、台北までCX(キャセイ)で行けます!

→ Nov, 2016 BA Executive Club 特典航空券 キャセイパシフィック航空/Cathay Pacific 台北(桃園)⇒東京(成田)

個人的には、東京(成田)−マドリー間の直行便で3度目のスペインに行ってみたいと思います。 片道13,4時間のロングフライトなので、ビジネスクラスに乗りがいがありますね。

特典でビジネスに乗りたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする