JH204 FUK-MMJ JUL/2020

JH204 Fukuoka-Matsumoto Jul/2020

緊急事態宣言明けの九州行き

福岡→松本FDA/フジドリームエアラインズ JH204を利用

機材は、FDAの15号機、機体のカラーはローズピンクのERJ-175(JA15FJ)

FDAを利用するの初めてでした

ちなみに、直前購入だったからか、コードシェアのJALで買うほうが航空券が安かったため

共同運行便のJL3547で航空券を購入しての搭乗でした

FDA ERJ-175 普通席/Economy Class

FDAが保有するブラジルEmbraer社製のERJの機内は2-2列でシートが並びます

エクステリアと同じくローズピンクの色のヘッドレストカバーが新鮮です

全席普通席モノクラスですが、

それを逆手に取って「必ず通路側か窓側に着席できます」ということです

小型機ですが、前後のシートピッチはレガシーキャリアの大型機と変わりない感じ

また、横幅についてはERJの方が広そうですし、3列でなく2列なので圧迫感も少なく、国内の地方路線ならB737、A320やA321よりも快適だと思いました

機内誌/Inflight magazine

「Dream 3776」というタイトルの機内誌

就航する地方都市やその周辺の観光スポットや食事処などの情報が載っています

けっこうローカルな、知らない情報もたくさんあっていいですね

出発/Departure

似たようなピンク色のピーチA320に見送られ、出発!

機窓から/From window

絶賛改良中の福岡空港ターミナルから滑走路へ向かいます

RW16からのローリングテイクオフでした

友人が住んでいる宇美町あたりを見ながら上昇していきます

国東半島あたりから九州を離れると、ひたすら雲の上のフライトでした

ドリンクサービス/Free drink and sweets 

FDAの特徴として、ドリンクサービスのときにお菓子もいただくことができます

レガシーキャリアよりも、良いではないか!

機窓から/From window

松本盆地は、まだ梅雨の天気でした

晴れてれば北アルプスがよく見えるんですがね

これから着陸する松本空港周辺は雨でしょう

やはり雨でした

到着/Arrival

松本空港到着

ボーディングブリッジは1つしかない地方空港です

現在はFDAのみが就航ですが、確か毎年8月だけJ-Airの大阪(伊丹)線が就航するんだっけか

到着後は、バスで松本の街に出ました

まとめ/Summary

緊急事態宣言明けの九州行きの復路

福岡→松本は、FDA/フジドリームエアラインズJH204を利用しました

FDAのERJ175の快適さを感じました

実は松本空港は家から利用できない距離ではないので、

「個人的に、使えるのかどうか」を確認する意味もあっての選択でした

・地方民にとってありがたい広い2つの駐車場が無料

首都圏の空港を利用できない(したくない)時に札幌・大阪(8月のみ)・神戸、福岡の4都市に直行できる、という2点はコロナ禍ではアドバンテージだと思いました

あとは航空券の価格が安ければ最高という感じですね

実際、このあとコロナ禍で運賃がかなり安い時期もあり、何度か利用させていただきました

意外や意外、1日最大7便あるので、頑張っている方だと思います

就航路線は、

FDA: 札幌(新千歳)x1、札幌(丘珠)x1(夏季のみ)、神戸x2、福岡x2

JAL: 大阪(伊丹)x1(8月のみ, JAL, J-Air運航)

フライトデータ/Flight Data

フジドリームエアラインズ(JAL)/Fuji Dream Airlines(JAL)
JH204(JL3547) 普通席
FUK 福岡/Fukuoka
→ MMJ 松本/Matsumoto
Aircraft ERJ-175(JA15FJ)
Gate Departure 12:27(12:25)
Taxi Time 10m
Takeoff 12:37
Landing 13:48
Taxi Time 1m
Gate Arrival 13:49(13:55)
Duration 1h22m(1h30m)
JAL Mileage Bank: 709mile 692FOP

最後までお読みくださった皆様へ
コメントなどいただけましたら、管理人のやる気が出ます
よろしくどうぞ↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする