3K761 SIN-MNL OCT/2019

3K761 Singapore-Manila Oct/2019

シンガポール・チャンギ国際空港からマニラ・ニノイ・アキノ国際空港までジェットスター・アジアの3K761便を利用しました

名古屋(中部)→台北(桃園)→シンガポールと、A3特典で発券したBRとSQのビジネスクラスでしたが、ここからは時間の都合が良かったこのLCCのフライトを選択

当初マニラに行く予定はなかったのですが、旅程が変わったことで急遽フライトを探したところ、ジェットスター・アジアが安かったというのもありました

シンガポールからマニラは、ブロックタイムが3時間半ほどで、意外とフライト時間が長いですが、早朝発なので寝ていけばいいかということで、機内食も付けずフライト中はおとなしく休んでいました

搭乗機は、A320-200(9V-JSI)

チェックイン/Check in

シンガポール・チャンギ国際空港ターミナル1から出発でした

LCCジェットスター・アジアは、基本的に手続きがすべて自動化されており、特に難しいこともなく、これはこれで自分のペースでサクッと進めるのでいいかもしれませんね

早朝だったので空いていて、なおさら

まずは写真の自動チェックイン機でチェックインし、搭乗券を発券します

ここで、荷物の個数や、座席指定の確認なども

次に、この自動の荷物預け機で荷物を預けます

搭乗券のバーコードをスキャンすると預け荷物の個数分の荷物タグが出てきます

これを自分で預け荷物に付けて、ベルトコンベアの上に荷物を乗っけて画面上のボタンを押すと、荷物が吸い込まれていき、荷物預けは完了

何も難しいこともなし

dnataラウンジ/dnata Lounge

自動改札で出国し、早めに制限エリアに入りましたので、ターミナル1でプライオリティパスで入れるdnataラウンジで時間を潰しました

確かJALの指定ラウンジだったらしく、いかにもな乗客が途中から現れて煩くなりました

搭乗/Boarding

チャンギ国際空港らしくゲートに入るところでセキュリティチェック

搭乗開始は予定時刻より遅かったです、よくあるLCCなので、モノクラスの3-3列で窮屈なシートが並びます

満員の乗客をどんどん詰め込んで定刻どおりに出発でした

ほとんどの人が自分と同じく寝てたので、CAさんたちは楽なフライトだったでしょう

出発/Departure

隣のゲートには羽田を深夜に出て、シンガポールに到着したばかりのJAL機

まだ夜明け前のチャンギ国際空港を出発

機窓から/From window

離陸すると、ちょうど夜明けでした

マレーシア南部を抜けます

あとは、ひたすた洋上のフライトでした

機内は冷房がキンキンに効いていましたが、一枚余計に着て、ここからは仮眠していました

徐々に高度を落としてきたところで起床

奥にはミンドロ島も見えてきていました

マニラ湾上空で旋回し、ニノイ・アキノ国際空港へ向かいます

ごみごみした街並みが見えてきてマニラに来たなという感じ

ニノイ・アキノ国際空港に着陸しました

到着/Arrival

ターミナルにPRの尾翼が並ぶのを見ると、ニノイ・アキノに来たなという感じです

myalairなんて航空会社は見たことないですね…

JALも到着するターミナル1に到着

ボロいターミナルですね

エアインディアのB747-400もいますね

要人でも来ていたんでしょうか?

久しぶりにLCCに乗りましたが、狭くて体が痛くなろうが安いのでこれはこれでアリです

到着後はGrabで、アーリーチェックインを頼んでいた滞在先のホテルまで移動

もはや東南アジアはGrabが必須ですね!

まとめ/Summary

旅程が変わって急遽手配して搭乗したジェットスター・アジアシンガポール→マニラのフライトでした

シートが狭かろうが冷房効き過ぎで寒かろうが安く移動ができますので、この程度のフライト(3時間半くらい)なら全然アリだなと思いました

フライトデータ/Flight Data

ジェットスター・アジア/Jetstar Asia
3K761 Economy
SIN シンガポール/Singapore
→MNL
マニラ/Manila 
Aircraft A320(9V-JSI)
Gate Departure 6:16(6:15)
Taxi Time 20m
Takeoff 6:36
Landing 9:43
Taxi Time 6m
Gate Arrival 9:49(9:50)
Duration 3h33m(3h35m)

最後までお読みくださった皆様へ
コメントなどいただけましたら、管理人のやる気が出ます
よろしくどうぞ↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする