BR127 NGO-TPE【Business】OCT/2019

BR127 Nagoya(Chubu)-Taipei(Taoyuan)【BusinessOct/2019

おそらく現在の日台間で、最高のコンテンツを提供しているのはエバー航空でしょう

その認識を再確認したフライトでした

エバー航空のB787 Dreamlinerのビジネスクラスを経験しておきたかったのですが、名古屋(中部)→台北(桃園)だと祝日連休絡みでも余裕で特典枠があったので発券

このフライトの後に続くシンガポール航空 台北(桃園)→シンガポールのB787-10 Dreamlinerのビジネスクラスと合わせて、改悪前のA3特典で予約しました

さて、搭乗機は、B787-9 Dreamliner(B-17883)

ANAのB787導入初期のような787アピールがされた機体です

以前に経験したエバー航空B787のエコノミークラス搭乗記は↓

BR198 TPE-NRT MAY/2019
BR198 Taipei(Taoyuan)-Tokyo(Narita) May/2019 2019年GW10連休は、スペイン、イングラ...
BR197 NRT-TPE AUG/2019
BR197 Tokyo(Narita)-Taipei(Taoyuan) AUG/2019 2019年のお盆休みのヨーロッパ(スペイン、...

エコノミーでも他社に比べて、良い印象です

チェックイン/Check in

昼前の中部国際空港でチェックイン

エコノミーの列は大混雑でしたが、ビジネスクラスの列からサクッとチェックインしたあとは、ゆっくりデッキで外の空気を吸ってから制限エリアに入りました

スターアライアンスラウンジがショボいのは知っていたので

搭乗/Boarding

搭乗口は15番ゲート

ビジネスクラス・ロイヤルローレルクラスの写真を、ゆっくり撮りたかったので、優先搭乗

ロイヤルローレルクラス/Royal Laurel Class

搭乗すると、CAさんが丁寧に席まで案内してくれました

まず、第一印象ですが、シートのデザインがめちゃくちゃかっこいい

アメリカ・ロサンゼルスにあるBMWグループデザインワークス社が担当したとのこと

自席は5K窓側列の窓側の席でした

この番号の表示などを見ても、かなりデザインが洗練されています

個室感がかなりあってよいですね

1-2-1列のスタッガードの並びで、かっこいいシートが並びます

もちろん全席が直接通路からアクセスできます

ただの収納なんですが、デザインは秀逸です

サイドテーブルも大きくてよいですね

リモコンはスマホのような最新のタイプで、シートコントロールも細かく調整ができるものでした

高精細なモニターは18インチ

さすがエバー、洋画から邦画まで映画の本数も多いですね

相変わらず性能がいいノイズキャンセリングヘッドフォンでした

ウェルカムドリンク/Welcome Drink

ウェルカムドリンクシャンパンをいただきました

日系とは違い、短距離でもウェルカムドリンクがいただけますし、きちんとしたグラスで提供されます

プラコップで出される日系はちょっと…

出発前に、機内食を選択

まぁベタに鼎泰豐の中華を選択しました

CAさんの対応が丁寧で、かなりウェルカム感を出してきてやっぱりエバー航空はいい

出発/Departure

中華系の機材が多く見られる、中部国際空港を出発

SA(南アフリカ航空)のA340-600が駐機されてました

東京まで飛んできたあとに、駐機料が安そうな中部国際空港に回送されてきたようです

この頃はラグビーワールドカップをやっていたのでね

空港内にも大きなラグビーボールがありましたっけ

ドリームリフターにB787か何かのカーボン製の胴体部分も積まれていました

晴天、視界良好な中、離陸

関西国際空港に比べると、中部国際空港はそんなに沖にはないんですね

名古屋方面を見ながら左旋回

紀伊半島上空へ、南西に進みます

機内食/Inflight meal

さて、お待ちかねの鼎泰豐の中華です

牛肉麺がメインなので、ビジネスクラスの機内食のコストとしては?な感じですが、これはこれで

サイドの鴨肉も含めて大変美味しかったです

デザートは饅頭でした

ドリンクは、美味しい烏龍茶

〆にコーヒーも頂きました

休息/Relaxing

食後には照明が減光され、天井には星が

映画を見ながら、シートを倒してリラックスして過ごします

アメニティ/Amenity

トイレのアメニティは、ACQUA COLONIAでした

機窓から/From window

洋上では、基本雲の上の飛行でした

到着/Arrival

台湾島に近づき、空域が混み合っているからか旋回して時間調整

その後、一旦桃園国際空港の西の海上を通過し、南側からの着陸でした

右側に新竹の空軍基地が見えますね

徐々に高度を落としていきます

写真だとわかりませんが、このときは、台湾高鐵が並走している感じでした

台北・桃園国際空港に着陸

エバー航空のホームですね

すごく快適なフライトで、短時間で終わってしまうのがもったいない感じでした

ゲート番号が入っていない、中部国際空港で渡された乗継便SQ879便のバーコードをかざすと、ゲート番号が表示されました

この後はセキュリティチェックを通過し、桃園国際空港のシンガポール航空・シルバークリスラウンジに向かいました

TPE, Singapore Airlines Silver Kris Lounge, OCT/2019
Taipei Taoyuan Int'l Apt, Singapore Airlines Silver Kris Lounge, Oct...

まとめ/Summary

現在の日台間のフライトで最高のコンテンツを提供しているのがエバー航空だと思います

まさに、死角はありません

またこのビジネスクラス(ロイヤルローレルクラス)に乗りたいと強く願っています

フライトデータ/Flight Data

エバー航空/EVA AIR
BR127 Business(I)
NGO 名古屋(中部)/Nagoya(Chubu)
→TPE 台北(桃園)/Taipei(Taoyuan)
Aircraft B787-9 Dreamliner(B-17883)
Gate Departure 13:04(12:55)
Taxi Time 19m
Takeoff 13:23
Landing 15:19
Taxi Time 11m
Gate Arrival 15:30(15:10)
Duration 3h26n(3h15m)
A3特典

最後までお読みくださった皆様へ
コメントなどいただけましたら、管理人のやる気が出ます
よろしくどうぞ↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする