【妄想旅行】BA特典航空券で行くシベリア鉄道(一部区間)の旅 2018,Summer

S7 vvo

短距離区間の特典航空券がお得に発券できるBA Executive Clubが、シベリア鉄道の旅に使えるのでは?という話です

※2018年11月20日 新規就航のS7航空東京(成田)−イルクーツク線の記事を追加↓

以前、2015年に念願だったシベリア鉄道に短距離ですが乗りに行きました
東京(成田)から、ウラジオストクin、ハバロフスクoutのS7航空で
毎日運行でないので、お盆休みにうまいこと曜日を合わせての訪問でした
各都市滞在の間にシベリア鉄道のオケアン号で一泊寝台列車の旅を楽しめました
ロシア極東地区には、もちろん初めての訪問でしたが、東京から実際の飛行時間が2時間程度の距離にいきなりヨーロッパがあるという印象で、いろいろ驚いた旅でした

当時は、普通に4月くらいに8月のお盆休み真っ只中の航空券を予約しましたが、当時のレートで5万円弱くらいで行けました
しかし、夏の繁忙期のためか、購入直後から航空券の値段はどんどん上昇していきました

S7もBAと同じOneworldに加盟していますので、BAの特典航空券で行くことを検討してみます
注目は、2018年6月より就航のノヴォシビルスク線
ノヴォシビルスクはシベリア最大の都市で、ウラジオストクよりもモスクワの方が近い場所なんですね
ウラジオストク、ハバロフスク、ノヴォシビルスクともにシベリア鉄道の沿線ですので、うまく絡めて旅ができそうです

※各マイル数は、片道分です

  • ウラジオストク
    S7566
    NRT Tokyo(Narita)/東京(成田) 15:40
    – VVO Vladivostok/ウラジオストク 19:05 (2h25m)
    S7565
    VVO Vladivostok/ウラジオストク 13:25
    – NRT Tokyo(Narita)/東京(成田) 14:40 (2h15m)
    ※NRT発、VVO発とにも火・木・土・日 Aircraft:A320
    Business 15,000Avios+¥3,480
    Economy 7,500Avios+¥3,480
  • ハバロフスク
    S7568
    NRT Tokyo(Narita)/東京(成田) 14:35
    – KHV Khabarovsk/ハバロフスク 18:25 (2h50m)
    S7567
    KHV Khabarovsk/ハバロフスク 11:35
    – NRT Tokyo(Narita)/東京(成田) 13:35 (2h40m)
    ※NRT発、KHV発ともに火・日のみ Aircraft:A320
    Business 15,000Avios+¥3,480
    Economy 7,500Avios+¥3,480
  • ノヴォシビルスク(2018年6月から新規就航)
    S7576
    NRT Tokyo(Narita)/東京(成田) 8:40
    – OVB Novosibirsk/ノヴォシビルスク 13:45 (7h5m)
    S7575
    OVB Novosibirsk/ノヴォシビルスク 23:00
    – NRT Tokyo(Narita)/東京(成田) 7:35(+1Day) (6h35m)
    ※NRT発は日のみ、OVB発は土のみ Aircraft:A320
    Business 37,500Avios+¥3,480
    Economy 12,500Avios+¥3,480
  • NRT-VVO,KHV,OVB

    S7航空の機材は黄緑色が目を引くA320で、ヨーロッパ内の短距離路線の機材の雰囲気がいきなり成田から味わえます
    航続距離的に、ノヴォシビルスク線は3,000milesもあるので、S7が最近受領したA320neoでしょうか?
    ウラジオストクやハバロフスクは距離的にBusiness ClassではなくてEconomy Classで十分で、Economy Classだとかなり少ない消費マイル(BAはAvios)で行くことができます
    ノヴォシビルスクまでEconomyで12,500Aviosは、ちょっと驚くくらいに消費が少ないですね
    現時点で、すでに来年2018年の夏休みの特典の空きは、お盆休みを中心に僅少という感じですが、少しズラせばまだ空席があるようです

    ちなみに、ウラジオストク−ハバロフスク間はシベリア鉄道で1泊
    ウラジオストク−ハバロフスク−ノヴォシビルスクは4日かかりますので、日程的にうまくノヴォシビルスクを絡めることができれば、シベリア鉄道を半分以上楽しむことができます
    バイカル湖沿岸を昼間に通過する列車に乗れれば、雄大な景色も楽しめそうですね

    ロシアへ渡航の際は、ビザ等要確認です
    今年2017年8月から、ウラジオストク入国の場合、電子ビザが導入されたようですが、これは沿海地方のみ8日間まで滞在可能ということです
    シベリア鉄道でハバロフスクの先に行く場合は、今まで通り少々面倒くさい手続きが必要なようです

    個人的には、いつかシベリア鉄道の残り区間に乗車してモスクワまで行く目標がありますので、そのうち実行できたらいいなと思っています

    BAの特典航空券の記事は↓

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする