タイ DTAC Happy Tourist SIM(4G) ④ 〜タイ再渡航前にインターネットデータプラン購入〜

香港のラウンジで時間があったので、これから向かうタイのDtacのSIMを準備しました
前回バンコクで買ったDtacのHappy Tourist SIMを延命させ続けていたものです

DtacのSIMを日本で使っている私のスマホ(台北で買ったSIM FreeのiPhoneSE)に挿入し、Airplane Modeを解除すると、香港ではCSLの電波を拾いました
勝手に少し残額が消費されてしまったのに気づいて、慌ててラウンジ内のWifiに繋ぎ、作業を続けたのは言うまでもなく

th_IMG_0136
DtacのAPPを起動し確認すると、この時点でのSIMの中の残額は534.64THBで、有効期限は7月30日となっていました

今回のタイでは、おそらく通話はLineでしかしないと思われたので、約1ヶ月おきにちょこちょこチャージし続けたためにSIMに貯まった残額を使って、インターネットのデータプランを購入しました
いろいろ悩みましたが、2.5GB、30日有効、容量オーバー時の速度低下なし、299THBのプランを選択
もう何度も行っているバンコクなので、ガイドブックの類のものも持ってきていないので、
街でGoogleMapとかを頼りに行きたい場所に行こうと思い、絶対余るのを承知で容量多めのプランにしました

th_IMG_0139
DtacのAPPでプランを普通に購入することができ、
この後バンコク・スワンナプーム空港に飛行機が着陸し、すべての電波を発する電子機器の使用OKとなったタイミングで、スマホのAirplane Modeを解除すると、無事にDtacの電波を拾い、特に設定を変更すること無く使用できるようになりました

th_IMG_0248
この後、入国した後、スワンナプーム空港の到着ロビーにある各キャリアのカウンターが並んでいるところをひやかしましたが、DTACもAISもTrueも、相変わらずの長蛇の列でした

日本国内で事前に調達するか、繰り返し訪タイする方は、今回私がやっているDtacのHappy Tourist SIM再利用も、アリかもしれません

また、今回インターネットプランを購入したことで、SIMの有効期限を安価で延長することができるようになりました
続きは、次の記事で!

※ここまでの流れ↓

購入時に並ばずに、すぐにバンコクの街に向かいたい方は、日本で事前に購入しておくのも手↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする