台湾の常客証とOnline Arrival Cardのコンボ

今回の台湾行きでは、常客証を発行していきました

直近1年間に3回台湾に入国している人が申請できる「外籍商務人士使用快速査験通関証明」が正式名称
英語では、”Speedy Immigration Inspection Certificate for Foreign Frequent Visitors
台湾を頻繁に訪れる外国人が、専用レーンで出入国審査を受けられる「快速査驗通關」を利用できます
登録の詳細は、
台湾の常客証を試してみる

また、前回同様に、
Online Arrival Cardを事前に登録してました
台湾のOnline Arrival Cardを試してみる
台湾のOnline Arrival Cardを試してみた

で、実際に使用してみた感想は…

★★★★★でした

入国は、台北・桃園国際空港でした
相変わらずの長蛇の列でしたが、たしか右側にSpeedy Immigration Counterがありましたので、そちらへ
2つカウンターがあって、各1人ずつくらい待っている人がいましたが、すぐに順番がきました
私は今回もOnline Arrival Cardを事前に登録していたので、
パスポートと常客証だけを見せました
そして、入国カードいらずで、通常の写真撮影、指紋採取があり、
すぐにスタンプをもらえ、入国できました
常客証とOnline Arrival Cardのコンボ、併用ができることがわかりました
入国カードを機内で書く必要もありません

そして出国は、台北松山空港でした
今回はANAのエコノミークラスなので、早く出国してもラウンジの美味しい魯肉飯は食べれません
なので、直前まで春水堂の珍珠奶茶(タピオカミルクティー)を飲んでくつろいでました
ちょうどANAの次のEVA AIRのお客さんも中に入りだして手荷物検査が混雑し始めました
ここは並ばないといけないので、仕方ありませんでしたが、
その後の出国審査も40−50人は並んでいたでしょうか
見たところSpeedy Immigration Counterはありません
ここで、係員に常客証を見せて聞くと、「一番右のVIPに行け」とのこと
並んでいる人たちをすっ飛ばして、VIPカウンターで待ち時間ゼロで出国することができました
確か自動化ゲートが左側にあって、真ん中に通常の有人のカウンターが3つか4つ開いていました
そして一番右に暇そうなVIPのカウンターが2つあったことを覚えています

総括すると、
・常客証はかなり使えるので、取れる人は取っておこう
・Online Arrival Cardも併用できる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする