PR423 Tokyo/Haneda-Manila Jun/2016

東京(羽田)→マニラ→香港の安チケット 1便目

IMG_6209-w
香港についた後、キャセイに乗って台北に向かうので、荷物がロストなんてことになると目も当てられないため、珍しく全持ち込みに
オンラインチェックインをしたけど、搭乗券は搭乗券用の紙でほしいので、オンラインチェックインの列に並びました
普通のエコノミーの列はたくさん並んでる上に、皆さん預け荷物がたくさんなので、時間がかかっているようでした
チェックイン時は搭乗ゲートは141で、国際線ターミナルの奥だったのに、113にいつの間にかシレッと変更になっていた
閉店間際のショップで、持ってくるのを忘れた深夜便用のマスクを買ったり、空いてるゲートの待合で台湾用のスマホを充電してる間に、113ゲートに”PR423 Manila”が表示されてるのに気づいたので、奥に行かずにすみました
アナウンスはなかったと思われます
案内表示は逐一確認することが大事ですね

IMG_6218-w
機体はA321、シートピッチはかなり狭いが、列によって、また通路より右側左側でもシートピッチに差があるようだ
後方のガラガラに空いている席を指定し、静かな場所で3席使用を目論んでいたものの、CAから「キャビンクルーが使うから7、8列前の3席空いてる場所に移れ」といわれ移動させられました
だったら指定できないようにしておくべきだ
しかも、頭上に載せた機内持ち込み荷物は、「重いから自分で運んで」ときたもんだ
しかもしかも、離陸直前に
後ろにおしゃべりのうるさい日本人女性2人組(若い)がいたため、ハズレ

IMG_6217-w
定刻通りに出発
週末の金曜夜発、土曜の朝マニラ着の便ですが、搭乗率は半分もいかないくらいか

IMG_6219-w
離陸後30分くらいで、叩き起こされて機内食
弁当かフィリピン風のチキンの2択で、弁当を選択
普通だった
ひじきが食べられるとは、びっくり

食事後、免税品の販売の後には消灯になったので、エコノミーフルフラットで就寝
眠れましたが、ブランケットをかぶってもなかなか寒かった
もっと「修行」のような感じになるかと思いましたが、空いていれば自分の空間が広く快適でした
ニノイ・アキノ国際空港着陸まで、あと20分というギリギリのタイミングでのベルト着用サイン点灯&機内放送で起こされ、そのまま着陸

IMG_6222-w
左端に写っているのが搭乗機、フィリピン航空75周年ロゴ入り

少し心配していた乗り継ぎも、同じ第2ターミナルだったので、拍子抜け
一旦1階に降りて、乗継カウンターに行き、スタンプと羽田でもらったゲートが“TBA”になっていた香港行きPR300の搭乗券にゲート1と書き込まれ、再度荷物チェックに
そこで、チケットに先ほどの乗り継ぎカウンターでもらうスタンプがないとのことで、やり直し
先ほどのカウンターに戻ると、カウンターの女性はスタンプを押し忘れたことすっとぼけてましたが、もらい直し
そして荷物チェックをされ、扉の向こうのエレベーターで上階に上がると、ゲートのあるフロアに出ました
特にすることもなく次便を待つのみ

この時点では、PR/フィリピン航空はそこまで悪くないじゃん。と思ってました

フィリピン航空/Philippine Airlines
PR423
A321-200(RP-C9901)
HND 東京(羽田)/Tokyo(Haneda) 1:30(1:51)
→ MNL マニラ/Manila 4:50(4:54)
Duration 4h20m(4h02m)
Economy(K) 1,316miles
※ANAマイレージクラブに加算(70%)
6/22現在マイル未加算のため、ANAのWebより事後申請
6/25マイル加算を確認
PR423 2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする