A3 SILVER / Star Alliance Silver カード 2016

IMG_5032.JPG
簡単にStar Alliance Goldが穫れる、しかも何もしなくても維持が可能ということで、流行ったエーゲ航空Miles+Bonus(当時はMiles&Bonus)でしたが、プログラムの改変がありました。
太っ腹な会社なので(と私は思っている)、1年間はA3 Goldのまま、しかもその翌年もA3 Silverということで、Silverのカードが届きました。(これもまた太っ腹です)
期限は2016年11月24日です。

ちなみにStar Alliance Silverは、空席待ち優先くらいしかメリットがございません。
しかし、2015年11月24日を過ぎて、Silverに陥落した後に搭乗した年末年始のANA(成田→香港)のインボラは、このA3 Silverの力かもしれません。感謝です。
その時の様子は→こちら
今まで、空港のラウンジやら、優先搭乗やら、預け荷物のプライオリティタグやらを使わせていただいて、大変に感謝しております。

改悪ばかりが話題でしたが、しかしながら、その特典はけっこう使えると感じているので、最近のフライトでも、ANAよりも加算率がよい時にはA3にマイルを貯めるようにしています。
ANAや他のスターアライアンス各社の安い運賃とかでも、加算率がANAよりよいので、単純なフライトマイルなら貯めやすいです。しかも今のところアワードマイルの有効期限がありません。 

※参考【ANA搭乗時のフライトマイル加算率 2016年2月現在】

ANA Booking Class

ANA Mileage Club

Aegean Airlines Miles+Bonus

United Airlines MileagePlus     *

First            F

150%

300%

350%

A

150%

300%

300%

Business      J

150%

200%

300%

C

125%

200%

300%

D

125%

200%

250%

Z

125%

200%

150%

P

70%

200%

150%

Economy     Y

100%

100%

150%

E

100%

100%

100%

B

100%

100%

125%

M

100%

100%

125%

U

70%

100%

75%

H

70%

100%

75%

Q

70%

100%

75%

V

50%

100%

50%

W

50%

100%

50%

S

50%

100%

50%

T

50%

50%

50%

L

30%

50%

50%

K

30%

50%

25%

G

30%

0%

0%

表からも、ANAのエコノミークラスの中くらいの価格帯の予約クラスでも100%貯まるのはエーゲ航空だということがわかります。

特典航空券の発券に関して、Far East(極東)内(中国、香港、日本、マカオ、モンゴル、北朝鮮、南朝鮮、台湾、ブルネイ、カンボディア、東ティモール、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)の、Economy往復:25,000miles、Business往復:42,000milesは変わらず。
片道発券もできますので、Economy片道:12,500miles、Business片道:21,000milesです。
アエロプランが改悪された今、ビジネスクラス片道:21,000milesはかなり驚異では。
SPGや、マイルの購入もできるようです。

しかしながら、Webで特典航空券を申し込んだあと、電話でのやり取りが必須なので、人を選ぶでしょう。
私は、一度特典でバンコク行き片道ビジネスを取ろうとしたことがあり(結局Air Chinaしか選べなかったため断念)、その際に件の電話を経験してますが、別に難しくはなかったです。
その時の様子は→こちら

現状でほぼ30,000miles貯まっているので、交換レートの改悪や有効期限の設定などがない限り、42,000mileまで貯めて、東南アジア往復ビジネスで発券を目論んでいます。
最低でも33,500milesで片道ビジネス片道エコノミーですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする